Read Article

広告

糖尿病患者は癌になりやすい

国立がん研究センターは「糖尿病の人は男性で1.27倍、女性で1.21倍癌になりやすくなる」と発表しました。

糖尿病既往なしの人と比べ、糖尿病既往ありの人では何らかのがんにかかる危険性が男性で1.27倍、女性で1.21倍ほど高くなり、糖尿病と診断されたことのある人はない人に比べ20-30パーセントほど、後にがんになりやすくなる傾向のあることがわかりました。

国立がん研究センターのホームページより引用

糖尿病の人がなりやすい癌の1位は男女とも肝癌です。

2位以下は男性は腎癌、膵癌、結腸癌、胃癌、女性は胃癌、卵巣癌です。

2015-12-26_093023

国立がん研究センター以外でも糖尿病と癌との関連を証明した研究があります。

それは福岡県久山町で行われた追跡調査です。

1988年から約20年、追跡調査を行ったところ、糖尿病の期間が長ければ長いほど、癌での死亡率が上がることが分かったのです。

では、なぜ糖尿病の人は癌になりやすくなるのか。

国立がん研究センターによるとIGF-I(インスリン様成長因子1)が増えすぎるからです。

IGF-Iは細胞の成長に欠かせない体内物質ですが、これが増えすぎることで癌細胞をも成長させてしまうのです。

主要な理由の一つとして考えられているのは、糖尿病になると起こる体内の変化です。

すなわち、膵臓から分泌されるインスリンの作用が不足すると、それを補うために高インスリン血症やIGF-1(インスリン様成長因子1)の増加が生じ、これが肝臓、膵臓などの部位における腫瘍細胞の増殖を刺激して、がん化に関与すると推察されています

国立がん研究センターのホームページより引用

足が壊疽したり、失明したりと糖尿病の合併症は認知されていますが、癌にもなりやすくなることはほとんどの人が知りません。

糖尿病になったら人生終わりくらいの覚悟をもって、食生活を見直してください。

[補足]

女性は特に気を付けて欲しいのですが、IGF-Iは乳癌にも関わってます。

牛乳にはIGF-Iが含まれているので、乳製品はほどほどに。

[参考記事]

血糖値を下げる腸内細菌

「地中海食が糖尿病、心臓病、認知症、乳癌を防ぐ」

 

LEAVE A REPLY

*

Return Top
Warning: getimagesize(/home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958