Read Article

広告

牛乳を飲むと乳癌になるというデータが出ました

牛乳を飲むと乳癌になる可能性があることを示す研究をカリフォルニア大学の研究チームが発表しました。

乳癌の女性と健康な女性の合計239人の乳腺細胞を調べたところ、乳癌の女性の方がウシ白血病ウイルスに感染している率が3倍多かったという結果が出ました。

アメリカの農務省の調査では83.9%の事業者の牛乳からウシ白血病ウイルスが検出されたといいますので、感染経路は牛乳である可能性が高いです(感染経路ははっきりしていませんが、恐らく牛乳が原因ではないかと研究者は考えているようです)。

米国農務省の調査で、牛白血病ウイルスの感染率が高いことが判明した。「2007年の酪農調査の一環として、30頭以上の乳牛を保有する事業所534カ所から大規模貯乳槽に集められた牛乳について、牛白血病ウイルスに対する抗体がないか酵素関連免疫吸着剤アッセイ(ELISA)により検査したところ、調査した全米の乳牛事業所のうち牛白血病ウイルスに陽性反応を示した事業所は83.9%にのぼった

ウィキペディアより引用

なぜ、ウシ白血病ウイルスに感染すると乳癌になりやすくなるのかは分かっていませんが、乳癌になりやすいというデータがある以上、牛乳は飲まない方がいいでしょう。

牛乳と癌の関連性についての研究は今回が初めてではありません。

英国医師会は「牛乳をよく飲む女性は癌になりやすい」という以下の研究を発表しているのです。

英国医師会は「牛乳が癌を招く」という以下の研究を発表しているのです。

1日3杯以上牛乳を飲む女性の癌のリスクは1杯以下の女性に比べて44%高く、さらには心臓・血管など循環器の疾患のリスクが2倍になります。

「英国医師会が牛乳は癌のリスクを高めると発表」より引用

乳癌の原因は「牛乳」だけではなく、「肥満」や「夜型の生活」など様々ありますが、1つずつ改善していくことが大切です。

牛乳が乳癌の引き金になる可能性があるのであれば飲まない方がいいし、肥満気味であれば運動するなどの対策を取ってください。

[参考記事]

「北斗さんは授乳をしていれば乳癌にならなかったかも」

「乳癌の予防法をまとめてみた。北斗さんの乳癌は肥満も一因か」

「夜型の女性は乳癌のリスクが40%増加」

「お酒を飲みすぎると乳癌になります」

「乳がん患者の8割は朝、パンを食べている」

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. コメントというわけではない。これまでの、いろいろな純学問的な世界を長い間、傍観してきて感じたこといいたい。人類と病気の戦いのため。学問的に、乳がんと牛乳のなかの、白血液病ウイルスが関係してるというData たくさんとは言えずとも、いくつかあるなら、科学ニュースにとりあげるべきでしょう。がん化は多段階に遺伝子のきずがつけられたためということですが、これ単独でなくとも一つの因子になるなら、このウイルスをふくまない、牛乳を発売すべきで、乳業メイカーは大打撃をうけると、いつの時代も、もみ消そうとする。人間持続感染し、そのひとの一生にわたり感染する、Herpes属のウイルスが、がん化にあまり関係してるというのは、すくないが、人間様の、遺伝子に組み込まれてるでしょうから、当然、がん化の原因になってるとおもう。わたしは、ウイルス感染症で肝がんの原因としてのHBV,HCVを遺伝子学的にがん化のメカニズムを追求してきた。牛肉、豚肉にもウイルスはそれ特有のウイルスがあり、肝炎などおこす。それは、人間にも感染していて、持続感染してる。そういう例から、肝がんが出た例を経験してる。肝臓学会で発表しても、注目されない。E型肝炎もぶた、牛の腸管には、かならずいるといってよい。熱加えてるから、死んでるというが、なまでたべるひともいる。E型肝炎が報告され、劇症肝炎で、老人はすぐしぬ。業者はたべるものなくなるとか、生活手段が脅かされるとか、原因検索する研究には、陰から圧力をかけるようだ。これは推測ですが。疑わしきは検査して、ウイルスにかかってるものは、完全に不活化するか、さしみなどなまはたべられないというこを、はっきりさせたほうがよいのでは。いつか、食肉業者の方が、それで、病死する可能性が高い。まわりまわるもので、さけられない。学会の重鎮というかたが、専門でもない、自分でしらべたこともないのに、歴史的に、学会で無視するか、いちゃもんつけて終わりがおおい。後の、30-50年たち、関係者が死んでから、あれが原因だっつたということが多い。乳がんも遺伝子異常にあるもの有名で、mediaはとびついたが、どうして、そういう遺伝子変異が、その家系におこったか、環境的要因などが、Stressになり、変異することある。純学問的には、自由な発想で、おおいにDataあつめて、論議してもらいたい。純学問の世界では、自由に論議するすること重きをおいて、選考過程で、その分野の偉い人ばかりの、意見ばかりとうすべきでない。中堅のひとに、かじとりさせよといいたい。疑わしきは、何らかの方法で、罰する。すべての病気で関係する原則と思う。Stap細胞の発表もいろいろ裏ではあったのだが、笹井先生という、国際的な学者さんが自殺したのは、日本の大きな損失です。mediaは、いろいろな点で、反省してほしい。科学的なことも
    絶対真理というものはなく、ある、確率でそういうDataがえられたので、不確定性な要因、まだ発見されてない、事実などがそうさせていたことは、歴史が証明する。莫大なお金が動くから、一人の優秀な人が死んで終わりということもないでしょう。人の命は、科学よりおもい。日本人は
    ノーベル賞ずきすぎる。ひとりの意見で、いろいろな意見があってよい。命は粗末にしないでください、優秀な科学者の人は。科学立国なので、優秀な人材はたいせつに。

LEAVE A REPLY

*

Return Top
Warning: getimagesize(/home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958