広告

精神障害者との関わり方。関わりすぎは依存を生む温床に

精神障害者との関わり方。関わりすぎは依存を生む温床に

この記事は50代の女性に書いていただきました。 ………… 【中途半端な同情は逆効果!不調な精神障害者への対応】 先日、たまたまTwitterを覗いていたら、こんなつぶやきが見つかりました。 メンヘラ=精神障害者の特徴を言い得て妙だなあと、これまで実に30回以上もの精神科入...

向精神薬の副作用により言語障害と嚥下障害

向精神薬の副作用により言語障害と嚥下障害

この記事は50代の女性に書いていただきました。 ……… 身近に精神疾患の患者さんがいらっしゃる方ならご存知かと思いますが、精神障害者、とりわけ向精神薬(なかでも特に抗精神薬=統合失調症の治療薬)服用中の統合失調症の患者との会話は、ご本人と意志の疎通を図るのに本当に苦労します。 妄想や...

性的欲望が抑えられない障害者の事例。妹を妊娠させるなど

性的欲望が抑えられない障害者の事例。妹を妊娠させるなど

この記事は50代の女性に書いていただきました。 …………. 私は現在50代(女性)です。生まれながらの発達障害を今でいう「統合失調症」と誤診され、33回にも亘る精神科病院への入院中に投与された向精神薬の副作用により、身体にも重篤な後遺症が残って、現在は車椅子生活を余儀なく...

向精神薬と缶コーヒー依存の関係性。 缶コーヒーを大人買いする精神障害者

向精神薬と缶コーヒー依存の関係性。 缶コーヒーを大人買いする精神障害者

この記事は50代の女性に書いていただきました。 ………… 私の自宅そばに、精神障害者が優先的に入居できる公営住宅があります。この地域は本来、普通の団地として街つくりがなされたところですが団地に住む住民が次第に高齢化して、空き家が目立ち始めたこともあり、行政が主体となって住...

どうやって薬物治療をしないで「うつ状態」を脱出するか

どうやって薬物治療をしないで「うつ状態」を脱出するか

今回は「うつ状態」である50代の女性に「どうやってその状況を脱出したのか」を解説します。 ……… >簡単に自己紹介をお願いします 私は五十歳の女性です。高校卒業後、求人誌の編集の仕事を経てプロのライターになりました。 二十歳の時に結婚しましたが離婚し、現在はひとり暮らしです。子どもは...

うつ病治療薬の副作用によって歩行困難となった女性の手記

うつ病治療薬の副作用によって歩行困難となった女性の手記

この記事は50代の女性に書いていただいました。 …………. 私は五十歳の女性です。二十一歳の時にうつ病の治療目的のために処方された抗うつ剤・デパス(エチゾラム)の副作用のために歩行困難になりました。さらに症状が進んで三十一歳の時に完全車椅子の生活を強いられる状態になりまし...

ステロイドの副作用により糖尿病へ。ステロイドを打っています

ステロイドの副作用により糖尿病へ。ステロイドを打っています

 この記事は40代男性に書いていただきました。 …………. 私(40代男性)は今から10年前に「好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(アレルギー性肉芽腫性血管炎)」と言う難病を発症しました。この病気には様々な薬を使いますが、私はステロイドと免疫抑制剤で治療を行ないました。 好酸球...

マイスリーの副作用により強烈な吐き気とめまい。夜間外来へ直行

マイスリーの副作用により強烈な吐き気とめまい。夜間外来へ直行

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ………. 中学生の頃からすでに寝つきが悪いタイプの私でしたが、社会人になりストレスの量が飛躍的に増えてしまったことで、慢性的な不眠に本格的に悩まされることとなりました。 仕事での人間関係に加え、子育てのストレスが大きく、睡眠外来ではなく...

水ぼうそうとおたふくの同時予防接種の副作用で意識を失う

水ぼうそうとおたふくの同時予防接種の副作用で意識を失う

この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………..  赤ちゃんが生まると、定期的に健診があります。そこで、体の成長や発育を確認していきます。またそれと並行して、数多くの予防接種もする必要があります。  今では当たり前のように行われている同時接種ですが、少し前は同時接種はしてい...

Return Top