広告

薄毛の原因は糖質なの?髪の毛を守る食事法とは

薄毛の原因は糖質なの?髪の毛を守る食事法とは

  皆さん、薄毛の原因はなんだと思われますか。もちろん、シャンプーに含まれている合成界面活性剤もその一つですが、食事が大きく関わっています。 それは「糖質の摂りすぎ」です。 糖質といえばジュースやお菓子を思い浮かべますが、それだけではありません。主食で良く食べられている麺類、パン、お米、これらはかなりの糖質量...

歯医者さんを選ぶ際の5つのポイント。歯を守るために

歯医者さんを選ぶ際の5つのポイント。歯を守るために

   コンビニの数よりも多いと言われている歯科医院。コンビニ約5万5000軒であるのに対して、歯科医院は約6万8000軒。こんなにも乱立している状態では、当然質が悪い歯科医院も多くあります。  ですので、歯医者さんを選ぶときには慎重になる必要があります。そうしないと歯どころか命さえ失いかねません。  今回は、...

ニキビを綺麗に治す最新治療法とは

ニキビを綺麗に治す最新治療法とは

   私は昔からニキビ体質で、たまに大きなニキビができます。今回は先進的な皮膚科であれば行なっているニキビ治療についてお伝えします。 ニキビの説明から…  ニキビとは毛穴の炎症です。角質が厚くなり、毛穴が塞がり、そこに脂が溜まります。その脂が溜まった毛穴に細菌が繁殖し、炎症を引き起こすのです。  ...

ヒルドイドを美容目的で使うことによる功罪。医療事故に繋がる危険性

ヒルドイドを美容目的で使うことによる功罪。医療事故に繋がる危険性

この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………… 突然飛び込んできたニュース  成人アトピー治療中の私は日課の朝風呂を終え、この日も、普段通り鏡の前で皮膚科から処方された保湿剤「ヒルドイド」を顔や首、手指にまんべんなく延ばしているところでした。  その時、ふと一本...

子宮頸がんに伴って現れた自己免疫疾患。ワクチンの副作用との共通点

子宮頸がんに伴って現れた自己免疫疾患。ワクチンの副作用との共通点

  子宮頸がんを発症して感じた真の経済的な問題  私は四十二歳の時に子宮頸がんだと診断されました。診断された直後、私はステージⅠaの段階で円錐切除術を受けましたが、その後の経過が思わしくなく、四十五歳で膣の半分だけを残して、子宮や両方の卵巣など全ての内性器を全摘する広汎子宮摘出手術を受けました。四十九歳になっ...

乳がん治療の抗がん剤で私が被った副作用。脱毛、激しい吐き気、手足の感覚異常など

乳がん治療の抗がん剤で私が被った副作用。脱毛、激しい吐き気、手足の感覚異常など

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……………..  二年前になりますが、乳房に違和感を感じて病院で検査をしてもらったところ、乳がんになっていることが判明しました。私の癌は悪性度の強く、ホルモン治療が無駄な進行性乳がんでした(ホルモン陰性)。ですの...

サインバルタ(抗鬱剤)の副作用によりお漏らしが止まらない。オムツを使用

サインバルタ(抗鬱剤)の副作用によりお漏らしが止まらない。オムツを使用

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……… 『処方』のきっかけ  私は30代の女性ですが、26歳の時、重度のうつ病を患いました。その時、母が信頼を置いているクリニックの医師の仲介で、入院施設のある大きな病院を紹介されました。しかしそれから過酷な薬の副作用との戦いが始まった...

ステロイド剤の副作用で骨粗鬆症や歯が弱くなった私の体験

ステロイド剤の副作用で骨粗鬆症や歯が弱くなった私の体験

この記事は50代の女性に書いていただきました。 …………  子どもの頃から五十歳の現在までアトピー性皮膚炎に悩まされている私は、このサイトで以下の過去記事を拝読しました。 「アトピー治療によるステロイドの副作用を食事で治した女性」  幸か不幸か、私自身はこれまでステロイド...

フランスでもインフルエンザが大流行。ですが学級閉鎖はない

フランスでもインフルエンザが大流行。ですが学級閉鎖はない

 今年の冬は、世界的にインフルエンザが猛威をふるい、日本では数多くの学校でインフルエンザにより学級閉鎖したとの話を毎日のように耳にします。  フランスでも、私の周りを見ても、今年は特にインフルエンザにかかっている人が多いようです。今年は私も感染してしまいました。そこで、フランスでのインフルエンザにまつわる私の経験談をお...

大腸がんの抗がん剤の副作用が襲う。2年経っても痺れが取れず

大腸がんの抗がん剤の副作用が襲う。2年経っても痺れが取れず

  この記事は「大腸がんの手術は成功したが、抗がん剤の副作用が待っていた」の続きです。 ー副作用と戦いながら新たな悲劇が…ー 大腸がんのために受けた抗がん剤の副作用は倦怠感、吐き気、脱毛、手足の痺れと説明されていた。 まず点滴をして最初にきたのは手足の痺れ。常に何かに包まれているような感じがして、ずっと痺れて...

Return Top