Read Article

広告

ヘアカラーで乳癌、リンパ腫になるリスク

北里研究所病院臨床環境医学センターが市販の毛染め剤3種類を使って、乳癌の増殖率を調べたところ、最大で45%増殖していることが分かりました。

実験は毛染め剤の濃度を1000億分の1に薄めて行われたにもかかわらず、この結果です。

毛染めをする時に1000億分の1に薄めていたら染まらないと思うのですが(笑)

普通は原液で毛染めをしますので、薄めないで実験を行ってほしかった。

ヘアカラーが癌の原因になると言っているのは北里研究所病院臨床環境医学センターだけではありません。

米国立ガン研究所が「毛染めをしている人はリンパ腫(癌)にかかるリスクが50%増える」と発表しています(高倉健さんが悪性リンパ腫になって亡くなりましたね)。

気を付けなければいけないのは癌だけではありません。

北里研究所病院が「毛染め剤は胎児の性的機能や免疫系にも影響がある」と発表しています。

妊娠中の方は子供のために毛染めを絶対にしないでください。

上記のような研究や被害が多く出てきて、消費者庁がとうとう毛染め剤に対する被害を発表しました。

それによると酸化染毛剤のパラフェニレンジアミンなどの成分によりアレルギーによる皮膚障害になるという。

2015-10-31_103404

毛染めによる皮膚障害の多くは接触皮膚炎で、その直接的な原因はヘアカラーリング剤です。

ヘアカラーリング剤の中でも酸化染毛剤(ヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染め、アルカリカラー等と呼ばれる。)は、最も広く使用されていますが、他のカラーリング剤と比べてアレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすくもあります。

症状には個人差があり、人によっては頭皮だけでなく、顔面や首などにまで皮膚症状が広がり、日常生活に支障を来すほどになることもあります。

消費者庁より引用

このサイトでは乳癌の誘発要因として「肥満」「牛乳、バター、チーズなどの飽和脂肪酸」「夜勤」「電磁波」「ヘアカラー」「検査」を紹介しましたが、原因は1つではありません。

少しずつ乳癌の原因になる生活を見直してみましょう。

[関連記事]

「北斗さんは授乳をしていれば乳癌にならなかったかも」

「北斗晶さんはマンモグラフィ検診で乳癌に??」

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なんでこういう嘘を平気で書くんですか?

    • 残念ながら嘘ではありません。
      フィンランドの研究など多数の証拠がありますよ。
      信じない人はヘアカラーをじゃんじゃん使いましょう。
      それも人生だよ。

LEAVE A REPLY

*

Return Top
Warning: getimagesize(/home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958