Read Article

広告

レーシックの失敗(後遺症)を克服したりゅうさん、良かったですね

レーシック難民の存在を初めて知ったのは りゅうさん でした。

彼は6年もの間、レーシック手術の後遺症と戦っていましたが、見え方以外は健常者と同じところまで回復したそうです。

見え方に関してはりゅうさんのツイッターの文面から判断すると回復とはほど遠いですが、「目の痛みがないだけでいいんです」という人間的な強さに感服します。

劣悪な見え方ってどんなだ?と思うので、例えますが ゴーグルのレンズを2・3回ペーパーサンドで擦り、 それを少し蒸気で曇らせたら、同じ見え方になると思います。

しかし自分はそのゴーグルを一生涯、外す事が出来ません。

でも、いいんです。目が痛くなければ。 これが今の自分なのだから。

尚、見え方以外は健常者と変わらない感じまで来ました。 とても長い闘いでしたが、健康に戻ればこっちのものです。 失った時間や気持ちを、今から必ず取り戻しますよ\( •̀ω•́ )/ 確実に死ぬ思いを味わった訳ですから、何でもやり切れる筈です(๑•̀ㅂ•́)و✧

りゅうさんのツイッターより引用

普通の人間なら、視界が曇っているだけで絶望するレベルですが、それすら受け入れることが出来ているのは「目の痛みが尋常ではなかった」と推測します(視界が曇っていようが、この絶望的な痛みがないだけで幸せということでしょう)。

しかし、りゅうさんとは違って、何年経ってもレーシックで苦しんでいる人がいるのは事実です。

レーシック手術の失敗度合は人によって違いますので、一概に〇年経ったから治ると言えないところが被害者にとっては辛い(レーシック難民のかえでさんは後遺症歴9年目です)。

夜間信号を見ると、花火のように光が放射線状に伸びて地面について見えたり、異常な視界になり、夜景を見るのが苦痛になりました。「ハロ・グレアは時間の経過とともに気にならなくなります」というクリニックの説明は嘘です。レーシック特有の見え方なので、一生残ると思ったほうがいいでしょう。

「かえでさん」のツイッターより引用

もし私がレーシック難民になってしまったら、施術した病院を憎いと思うだろうし、これが自然の感情だと思います。

本当に痛さが続くと精神が壊れるのは皆さんも経験しているはず。

例えばインフルエンザに罹った時なんか、頭と関節が痛くて発狂したい時がありますが、レーシック難民の皆さんはあれが常態化しているわけですよ。

でも、この辛さを身内にさえ分かってもらえない被害者もいて、これがさらに追い打ちをかけるわけ。

この感覚が伝わればレーシックを受けようとは思わないはずですが、分かってくれましたかね(笑)

広告

拝啓 品川近視クリニック並びに運営母体の翔友会関係者一同様

あなた方を恨みます

「嫁ができるまで淡々と更新するよ」より引用

最後に言いたいのが医師を信用し過ぎないこと。

もし、手術が失敗しても医者は治してくれませんよ。

治してくれないというか、「治せません」というのが正確な表現ですかね。

レーシックの被害者が人間不信になる気持ちわかります。術前は「レーシックの成功は患者さんの満足度で決まります。

生涯サポートします」と説明されるのに、いざ後遺症を発症したら見える景色が傾いてようが重度の蚊飛症になろうがコントラストが落ちようが「見えてるでしょ?」で終了するんだから。

「レーシック難民を救う会」のツイッターより引用

自分で受ける手術くらいはよーく調べてから受けましょうね。

被害者なのに騙される方が悪いと言われる世の中ですので、自分の身は自分でお守りくださいませ。

LEAVE A REPLY

*

Return Top
Warning: getimagesize(/home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958