Read Article

広告

子宮頸癌ワクチンの副作用の実態を映像で見てほしい

広告

子宮頸癌ワクチンの副作用の実態を知るためには言葉よりも映像です。

これを見れば親は大切な我が子に子宮頸癌ワクチンを打たせたくなくなります。
下の映像は子宮頸癌ワクチンの被害者に多い不随意運動です。

下の映像は子宮頸癌ワクチンの被害者に多い記憶障害の証言です。
酷い場合は親の顔も名前も忘れます。

子宮頸癌ワクチンの副作用はサリンの被害者の症状と同じ不随意運動や記憶障害などです。

これは子宮頸癌ワクチンが毒であることの証拠です。

「ワクチン接種は危険! 副作用で逆に病気が増える」

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こういった動画をむやみに流すことは新たな体調不良者を生みます。

    • むやみに流さないと危害を受ける人がいます。
      そっちの方が天秤にかけると大事です。
      新たな被害者を出さないために

      • でも、ワクチン打たなくても、治療で使うような抗精神薬などでも同様の痙攣は起きますから、誤解も招きますよね。

        • どこに誤解があるのでしょうか。
          痙攣が起きないのであれば誤解と言う表現になりますが、実際に痙攣が起きていますから、誤解ではないですよ。
          この映像が全てですよ。
          CGではないですよ。

  2. CGではないのはわかります。
    ただ、この痙攣がワクチンだけの副反応なのか、その後の治療に使った薬の副反応なのかはわかりませんよね?

    • 被害者の親御さんに聞いていますが、治療をする前に既に不随意運動が起きています。
      向精神薬でも起きますが、ここまで酷い痙攣ではありません。
      不随意運動どころか何百人と亡くなっていて、アメリカでは賠償が既に行われています。

  3. なるほど。

LEAVE A REPLY

*

Return Top