Read Article

広告

子宮頸癌ワクチン被害者のブログをまとめてみた

広告

子宮頸癌ワクチンの被害者のブログを4つ紹介しますが、全部被害者の親が書いています。

たいして調べないで娘に接種させてしまった自責の念もあるのでしょう。

これ以上被害者が増えないようにブログで訴えてくれています。

「たーにゃと娘2人と猫4匹と」

このブログの管理人の娘はワクチンの副作用のせいで高次脳機能障害と診断されたそうです。

その他にも失神などの症状に悩まされています。

ここ数日で、また新たな症状が… 

足に虫が這うような気持ち悪い感じや、金縛り…
ナルコレプシーも酷くなっているようで、失神する場合、何パターンかある。
①激痛と共に倒れる。
②低血圧になり、吐き気や血がサーっと引く感じがして倒れる。
③ナルコレプシー 一瞬で寝てしまい倒れる…
最近、倒れる時のパターンが増えたと。
「子宮頸がんワクチンの副反応と闘うkerorinnのブログ」
このブログの管理人の娘は双子ですが、2人ともワクチンの副作用で苦しんでいます。
娘が「もう死んでもいいな」と言ったそうですが、親としては辛いね。
いとは昨日、おばあちゃんに「もう死んでもいいな」と言ったらしい。
おばあちゃんから「そんなこと言わないで」と言われると
「ママには言わないでね」と言いながら、「痛くないようにと期待すると裏切られる。
私の身体は(もともと)痛い身体なんだ。そう思うことにする」と話した。
「子宮頸がんワクチンの副反応と闘うkerorinnのブログ」より引用
 ③「みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~」
このブログの管理人は全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表です。
やはり、娘さんがワクチンの副作用で苦しんでいます。
不随意運動、記憶障害などの症状があり、一時は自分の名前も言えなかったそうです。
子宮頸がんワクチンの副反応の患者を、本当に真剣に治療して治そうと、厚労省は考えているのか?
これだけの大きな薬害に発展している。
そして、子ども達のみならず、その家族も苦しんでいる。知っていますか?
このワクチンの副反応にあってから、家を売ったご家族のことを。
知っていますか?
この副反応にあってから、治療費のために多くの借金をしてしまっているご家族を。
「キャロリン。の日記」
このブログの管理人は全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会 群馬県支部の人です。
 この管理人の娘は不随意運動や欠神などの副作用に苦しんでいます。

 まだ、まだ、お昼過ぎでないと起きられない娘ですが、やっと、少し起きている時間が出来ました。

もう、ずっと目を瞑ったまま、じっとベッドに体を横たえている姿を、

1月8日から見続けて来たので、嬉しく思います。

ただ、脱力、不随意運動、硬直、欠神発作等は気になります。

本当に、MS 多発性硬化症か、CIDP 慢性脱髄性多発神経炎か?

「キャロリン。の日記」より引用

[参考記事]

「子宮頸癌ワクチンを打った16歳の少女が死亡」

「ワクチン接種は危険! 副作用で逆に病気が増える」

「女子中学生が子宮頸癌ワクチンで死亡?」

「子宮頸癌ワクチンの副作用の実態を映像で見てほしい」

「子宮頸癌ワクチンの副作用映像が悲惨すぎて見ていられない」

LEAVE A REPLY

*

Return Top