広告

インフルエンザワクチンの副作用によりギラン・バレー症候群に!

インフルエンザワクチンの副作用によりギラン・バレー症候群に!

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ………. 人生はじめての経験  インフルエンザの予防注射の副作用と思われる症状で人生はじめての経験をしました。   3年前の平成27年の10月頃、自治体からインフルエンザの予防接種を受けた際は、接種費用の一部を補助するとの通知があり、そ...

事前に皮内テスト。それでも起こった麻疹風疹ワクチンでの副反応

事前に皮内テスト。それでも起こった麻疹風疹ワクチンでの副反応

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ………. 卵白アレルギーの娘  これは当時1歳3ヶ月の娘の体験談です。乳幼児は生後2ヶ月頃から定期予防接種が始まり、毎月のように予防接種の為に小児科へ行きます。スムーズに接種していくと生後7ヶ月頃で0歳児に接種する予防接種は終わり、1歳...

エビリファイの副作用により喜怒哀楽が消えた。医師の誤診が原因?

エビリファイの副作用により喜怒哀楽が消えた。医師の誤診が原因?

この記事は20代の男性に書いていただきました。 ……… 「エビリファイを飲み始めるまで」  二〇一四年の夏の事です。転勤で東京に出てきた私でしたが、満員電車や慣れない都会暮らしに加え、対人関係の疲れから精神的な疲労を感じるようになりました。元々内向的な性格がさらにこじれ、睡眠不足や被...

果物の農薬を取る方法について解説します

果物の農薬を取る方法について解説します

 野菜と比べて果物には多くの農薬が使われています。その根拠としているのは「ewg」という非営利法人の調査です。毎年、残留農薬の調査を行なっているのですが、2017年年度で言えばトップ10の内7つが果物です。1位のイチゴを先頭に、ネクタリン、リンゴ、桃、梨、さくらんぼ、ブドウの7つです。 果物の農薬を取る方法について  ...

子供に「バカ」と言葉をかけ続けるとどうなる?驚きの結果が

子供に「バカ」と言葉をかけ続けるとどうなる?驚きの結果が

  皆さん、子供に「アホ」「バカ」「間抜け」「死ね」なんて言っていないですよね?冗談でも言ってはいけません。 なぜなら、本当に死ぬからです。冗談で言っている訳ではありません。私が8年前に行なった実験を知れば冗談ではないことは分かるはず。 その根拠は「8年間、お米に「アホ」「バカ」と声をかけ続けた結果、お米が真...

薄毛の原因は糖質なの?髪の毛を守る食事法とは

薄毛の原因は糖質なの?髪の毛を守る食事法とは

  皆さん、薄毛の原因はなんだと思われますか。もちろん、シャンプーに含まれている合成界面活性剤もその一つですが、食事が大きく関わっています。 それは「糖質の摂りすぎ」です。 糖質といえばジュースやお菓子を思い浮かべますが、それだけではありません。主食で良く食べられている麺類、パン、お米、これらはかなりの糖質量...

歯医者さんを選ぶ際の5つのポイント。歯を守るために

歯医者さんを選ぶ際の5つのポイント。歯を守るために

   コンビニの数よりも多いと言われている歯科医院。コンビニ約5万5000軒であるのに対して、歯科医院は約6万8000軒。こんなにも乱立している状態では、当然質が悪い歯科医院も多くあります。  ですので、歯医者さんを選ぶときには慎重になる必要があります。そうしないと歯どころか命さえ失いかねません。  今回は、...

ニキビを綺麗に治す最新治療法とは

ニキビを綺麗に治す最新治療法とは

   私は昔からニキビ体質で、たまに大きなニキビができます。今回は先進的な皮膚科であれば行なっているニキビ治療についてお伝えします。 ニキビの説明から…  ニキビとは毛穴の炎症です。角質が厚くなり、毛穴が塞がり、そこに脂が溜まります。その脂が溜まった毛穴に細菌が繁殖し、炎症を引き起こすのです。  ...

ヒルドイドを美容目的で使うことによる功罪。医療事故に繋がる危険性

ヒルドイドを美容目的で使うことによる功罪。医療事故に繋がる危険性

この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………… 突然飛び込んできたニュース  成人アトピー治療中の私は日課の朝風呂を終え、この日も、普段通り鏡の前で皮膚科から処方された保湿剤「ヒルドイド」を顔や首、手指にまんべんなく延ばしているところでした。  その時、ふと一本...

子宮頸がんに伴って現れた自己免疫疾患。ワクチンの副作用との共通点

子宮頸がんに伴って現れた自己免疫疾患。ワクチンの副作用との共通点

  子宮頸がんを発症して感じた真の経済的な問題  私は四十二歳の時に子宮頸がんだと診断されました。診断された直後、私はステージⅠaの段階で円錐切除術を受けましたが、その後の経過が思わしくなく、四十五歳で膣の半分だけを残して、子宮や両方の卵巣など全ての内性器を全摘する広汎子宮摘出手術を受けました。四十九歳になっ...

Return Top