Read Article

広告

精神病(精神疾患)の診断は嘘!科学的な根拠は無し

広告

いきなりですが、以下の症状はありませんか。
〇聞き間違いがある
〇聞き漏らしがある
〇言葉につまる
〇音読が遅い
〇計算するのに時間がかかる
〇集中力が続かない
〇約束事や用事を忘れる
〇長時間座っている時に手足をそわそわ動かす
はい、これに当てはまれば注意欠如多動性障害です。
これはギャグではなく、本当のことです(笑)
「注意欠如多動性障害 チェックリスト」で検索するとたくさんの診断サイトがありますので、チェックしてみてください。
診断の最後には「病院検索」のリンクがありますが(笑)
これほど精神疾患の診断は適当なんです。
そもそも精神疾患に医学的な根拠がないのをご存知ですか。
例えばうつ病の原因はセロトニンの減少が原因(モノアミン仮説)とされていますが、これは嘘です。
嘘と言うかすでに否定されています。
医者もこの事実を知りませんので、始末に負えませんね。

もう一つ、診断基準のいいかげんさが分かる例を挙げます。
「DSM」というアメリカの精神科診断基準書があるのですが、この診断基準の根拠は多数決やその日の気分で決められているという。
この編集に関わったアレンフランセス医師は後になって自分の行動が浅はかだったとして「DSM」に反対の立場を表明しています。
つまり、「「DSM」には医学、科学的な根拠はありません」と告白しているのだ。
よって、精神疾患の診断は医学的な根拠がないから、診断も医者によってバラバラ(笑)
要は精神疾患名は何でもよくて、ただ薬を長期的に売りたいだけ。
精神病薬には医学的な根拠がないので、存在自体無意味なものですが、始末が悪いことに覚せい剤と同じ効果があります。
例えば精神薬を止めるときには覚せい剤と同じ禁断症状が出ますし、さらには人に危害を加えるという副作用も覚せい剤と同じです。
いいですか。
うつ病ごときで病院に行くな。
人生は厳しくて当たり前。
甘えるな。

[参考記事]
「向精神薬は麻薬と同じ。不随意運動の後遺症が残った(経験談)」

「向精神薬の最大の副作用は死」

「精神病院での暴力は当たり前」

LEAVE A REPLY

*

Return Top