Read Article

広告

子宮頸癌ワクチンの副作用の数がスゴイ(米メリーランド州の女性)

広告

米メリーランド州に子宮頸癌ワクチンの被害者がいるのですが、彼女は信じられないほど多くの症状(副作用)を抱えています。

2016-01-23_120237

2010年1月に1回目、3月に2回目、5月に3回目と三回の摂取を終えましたが、そのころから「恐ろしいほどの肋骨と背中の痛み」を感じたそうです。

それは真っ直ぐに立ったり、深呼吸が出来ないほどの痛みで、救急病院に何回も行ったと彼女の母親は証言しています。

彼女の副作用の症状はそれだけではなく、書くと何行にも渡ってしまうほど多く、まさしく病気のデパートです。

〇慢性的に続いている膝の痛み

〇筋肉の収縮

〇関節痛

〇慢性の充血

〇のどの痛み

〇耳の痛み

〇難聴

〇膀胱の感染症

〇熱過敏

〇めまい

〇少し歩くだけで息切れ

〇叫んでしまうほど痛い片頭痛(彼女の母の言葉をそのまま訳しました)

〇光や音に敏感

〇胸の痛み

〇心臓の動悸が激しい

〇リンパ節症

〇小さな傷でも20分間血が止まらない(彼女の母の言葉をそのまま訳しました)

〇あざが治らない

〇点状出血(下の画像)

2016-01-23_115103

〇足が冷えすぎて紫になっている

〇生理の周期が乱れている

〇少なくても3週間周期で行ったり来たりする骨盤の痛み

〇慢性の疲労があり1日20時間寝ることもある

〇寝汗

〇変な皮膚感覚

〇麻痺したような感覚の唇

〇口や鼻の粘膜を含むあらゆる箇所にある発疹が原因で、救急医療が必要なくらいの呼吸困難を引き起こす

〇妊娠6か月の女性のような膨満感(彼女の母の言葉をそのまま訳しました)

〇食欲不振

〇体重減少

〇吐き気

〇死を懇願するほど辛い血液と胆汁の嘔吐(彼女の母の言葉をそのまま訳しました)

〇重度の認知症

以上

彼女は高校のサッカー部に所属していたのですが、毎日3~4時間練習するほど元気でした。

今はこれらの症状のせいでサッカーするどころか学校にも行けなくなり、退学を余儀なくされました。

大学でもサッカー部に所属する予定だったのに、悔しかったでしょうね。

2016-01-23_120154

副作用の辛さから逃げたいためか、手首をカットするようになったそうです。

まだ、十代の女の子なのに、お先真っ暗ではないですか。

このままだと、結婚も難しいし、仕事も出来ないでしょう。

たった、3回のワクチン接種で人生が終わってしまうなんて…

LEAVE A REPLY

*

Return Top