Read Article

広告

子宮頸癌ワクチンの副作用の原因はアルミニウムか

広告

このサイトでは何度も子宮頸癌ワクチンの副作用について警告を発しています。

仏パリ大学 フランソワ・ジェローム・オーシエ教授がこれらの子宮頸癌ワクチンの副作用の原因はアルミニウムだと断定しています(「ワクチン接種は危険! 副作用で逆に病気が増える」でも書きましたが、子宮頸癌ワクチンに限らず、あらゆるワクチンにアルミニウムが含まれています)。

教授は「アルミニウムがマクロファージ筋膜炎を誘発することにより、記憶障害や慢性疲労などの副作用を引き起こす」と言っています(記憶障害に関しては工場でアルミのガスに曝されていた労働者の症状に似ているそうです)。

マクロファージ筋膜炎とは筋膜にマクロファージが集まり、それが原因で関節痛、筋肉痛、慢性疲労などを引き起こす病気です。

マクロファージは細菌などの異物を捕食する白血球の一種ですが、アルミニウムも異物として取り込もうとします。

その結果として、アルミニウムが結晶化して筋膜に集まってしまうのです。

もう一度言いますが、アルミニウムは子宮頸癌ワクチンにだけ含まれているのではありません。

あらゆるワクチンに含まれているので、むやみにインフルエンザワクチンなどを接種しないようにお願いします。

ちなみにインフルエンザワクチンは効果ないですので、無駄打ちは止めましょうね(「慶応大がインフルエンザワクチンは効果がないと発表」を参考にしてください)。

発症前に有意な数のアルミニウムワクチン接種を過去10年の間に受けているという特徴があります。 

平均の回数は5.2回です。

最大17のアルミニウムワクチン接種を受けた人もおります。

臨床症状は、最終接種からかなり時間がたって見られます。

平均の最終接種から発症までの時間は、12カ月すなわち1年です。

子宮頸がん予防ワクチンに関する意見交換会でのオーシエ教授の発言より引用

 

LEAVE A REPLY

*

Return Top