広告

大腸がんの抗がん剤の副作用が襲う。2年経っても痺れが取れず

大腸がんの抗がん剤の副作用が襲う。2年経っても痺れが取れず

  この記事は「大腸がんの手術は成功したが、抗がん剤の副作用が待っていた」の続きです。 ー副作用と戦いながら新たな悲劇が…ー 大腸がんのために受けた抗がん剤の副作用は倦怠感、吐き気、脱毛、手足の痺れと説明されていた。 まず点滴をして最初にきたのは手足の痺れ。常に何かに包まれているような感じがして、ずっと痺れて...

検便の結果、大腸がんの陽性反応。内視鏡での検査が始まる

検便の結果、大腸がんの陽性反応。内視鏡での検査が始まる

   前回の記事「私が大腸がんに気づくきっかけになったのは貧血と疲れやすさ」では大腸がんの疑いがかかったことで、2日分の検便をして、結果待ちのところまで。 ーまさかの陽性ー  検便を病院に出してからの一週間。『大丈夫かな~。』『大丈夫だよね。』と自問自答の繰り返し。そんな毎日を過ごしていた。 一週間経ってから...

コンドーム(ラテックス)アレルギーにより救急搬送された体験談

コンドーム(ラテックス)アレルギーにより救急搬送された体験談

   年末年始、私は見事?風邪にやられていました。汚れたパジャマやリネン類が自分で気づかないうちに溜まっていくのを、黙ってスルーするしかありません。例え洗濯機さんが洗うところまでは頑張ってくれたとしても、干して畳んでくれるまではさすがにやってくれそうにはありません(笑)  今回は風邪薬アレルギーなどのアレルギ...

うつの薬「パロキセチン」の副作用により内臓が冷たくなる

うつの薬「パロキセチン」の副作用により内臓が冷たくなる

 この記事は40代の男性に書いていただきました。 ………  私は思春期の頃から慢性的に気鬱な体質でして、日々どこか億劫、手のつかない、日々の何かが消化不良な感じを覚えて暮らしておりました。  社会人になってから、よりその状態が酷くなった時期が何度かありましたが、当時は「気のせい」「甘...

胸の張りのために飲んだ薬の副作用で視界が消える(目が見えない)

胸の張りのために飲んだ薬の副作用で視界が消える(目が見えない)

この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………  もう10年も前の話なのに、あの時の恐怖は昨日の事のように覚えています。断乳をして半年が経った頃、胸の張りとしこりを感じ、あまりの痛さに乳腺専門の病院を受診しました。  検査をしても異常がなかったのですが、念のためにと大学病院で...

アイドル志望の少女が性的虐待を受け、精神科病院に強制入院させられるまで

アイドル志望の少女が性的虐待を受け、精神科病院に強制入院させられるまで

   この記事は「精神科病院の真実」を包み隠さず明らかにした体験記事です。 ……… *この文章は児童虐待の生々しい記述や過去に精神科病院で顕著に見受けられた壮絶な実態など、不快な内容が多く含まれています。  特に児童虐待や性暴力を体験された方、向精神剤の多剤処方が当たり前と...

インフルエンザワクチン接種によるアナフィラキシーショック体験談

インフルエンザワクチン接種によるアナフィラキシーショック体験談

この記事は30代の男性に書いていただきました。 ……..  大学受験を控えた18才の11月に、近くのクリニックでインフルエンザワクチンの予防接種を受けました。インフルエンザワクチンは幼稚園や小学校の頃にも接種した記憶があったのですが、特に体調不良もありませんでした。  当日は体調も悪くなく、クリ...

インフルエンザの予防接種した年、初めてインフルエンザに感染(笑)

インフルエンザの予防接種した年、初めてインフルエンザに感染(笑)

この記事は20代の女性に書いていただきました。 ……..  これまで1回もインフルエンザにならなかったので、予防接種しなくともインフルエンザにはならないかな?とも思ったのですが、格安だったこともあり受けることにしました。  今年はワクチンの数が少ないとメディアで言われていましたし、お得な値段で予...

Return Top