Read Article

広告

ハム、ソーセージを食べると大腸癌になるとWHOが警告

広告

ハム、ソ ーセージ、ベーコンなどの加工肉を食べると大腸癌になるとWHOが発表しました。

たった、1日50グラムだけでも大腸癌(結腸癌、直腸癌)のリスクが18%高まるという。

50グラムはハムであれば薄切り5枚、ソーセージであれば小3本です。

たった、これだけです。

もちろん、毎日ハム、ソーセージを食べる人はいないでしょうから、多少は食べても大丈夫でしょう。

今回WHOは赤味の肉を食べることでも癌になると警告しています(赤味の肉とは牛肉、豚肉などの肉です。鶏肉は含みません)。

ハム、ソーセージが癌の原因になるからといって赤味の肉を食べていては意味がないですからね。

実は国立がん研究センターもハム、ソーセージなどの加工肉で結腸癌、直腸癌になると警告しているのです。

赤味の肉に関しても女性が1日80グラム以上の赤味の肉を食べると結腸癌のリスクが高まると言っています。

詳しくは「今井雅之さんを襲った大腸癌。予防する方法はあります」を読んでください。

このWHOの発表によって加工肉の業界が反発しているようですが、消費者には知る権利があります。

もう少し、この事実が認知されてくれば加工肉は一昔前のタバコと同じ扱いになると思います。

実際、加工肉はタバコと同じグループ1に分類されていますから(国際がん研究機関の分類)。

健康を考えるなら、加工肉、赤味肉を食べるのは止めましょう。

  • グループ1:発がん性がある
  • グループ2A:恐らく発がん性がある
  • グループ2B:発がん性の恐れがある
  • グループ3:発がん性を分類できない
  • グループ4:恐らく発がん性はない

ウィキペディアより引用

LEAVE A REPLY

*

Return Top