Read Article

広告

私の同級生は子宮頸がんワクチンの副作用のせいで記憶障害です

広告

 

この記事は高校生の頃に子宮頸がんワクチンを接種した20代の女性に書いていただいています。

……………….

当時高校生だった私は無料で受けられる子宮頸がんワクチンの情報を学校と市から配られた冊子で知りました。
私の場合、薬を日常的に飲んでいたため、何か悪い相互作用があるのを警戒して子宮頸がんワクチンを受けるのを先延ばしにしていました。
しかし市の方から受けるように催促のはがきの通知がきたことと周りの同級生がみんな受けているとのことで様々な人から無料で受けられるので早くワクチンを受けた方が良いと言われ、ようやく病院に予約を入れ、この子宮頸がんワクチンを受けることとなりました。

このワクチンを受けるにあたり、医師からの説明は
「この子宮頸がんワクチンは海外のものなので副作用がまれにでる場合があるがその点は特に心配しなくて良い」
とのことでした。
そのため医師の言葉を信じ1回目のワクチンを接種しました。

ワクチンによる副作用

しかし、接種をしたその夜に様々な副作用の症状が出てくるようになりました。
まず、注射をした腕が腫れ上がり、尋常ではないほどの痛みを感じました。
今までに感じたことのないような腕全体がズキズキ痛むような感覚です。
そのためこのワクチンを打った日の夜は腕の痛みと腫れで全く眠ることができませんでした。
また、この他に風邪の時のような高熱が出てきました。
1回目に打ったこの時点でこれほどの副作用が出たため、あと2回受けることは危険であると判断した両親のおかげもあり、この先に予約をしていた2回目と3回目の注射の予約を取り消しました。
無料だからと子宮頸がんワクチンの接種を勧めていた親御さんもいましたが、私の親は逆に止めてくれて、本当に感謝しています。
そのため私自身はこの子宮頸がんワクチンの副作用はこれらの症状のみで済ませることができました。
それでもこのような「眠れないくらい辛い痛み」を経験したことがなかったため、副作用の症状は辛いものでした。

私の同級生の話

私の同級生の話ですが、この子宮頸がんワクチンのせいで、とんでもない副作用を被ってしまいました。
その同級生は病気持ちでもなく、ごく普通の元気な女の子でしたが、子宮頸がんワクチンを接種したことが原因で記憶障害になり、さらに
一時は歩くことさえ困難になってしまいました。
この女の子の場合はこのワクチンを3回全て接種していました。

初期の副作用の症状は軽い記憶障害と無気力な状態がずっと続くという状態だったそうです。
そのため子宮頸がんワクチンの副作用の症状とは考えもせずに原因不明の症状として多くの病院で様々な検査をしたと言っていました。
その2年後にやっとこれらの様々な不調は2年前に打ったこの子宮頸がんワクチンの副作用であることが分かったそうです。
子宮頸がんワクチンによる記憶障害によって親の名前も顔も忘れてしまう女の子もいますので、脳に何かしらの変化が起こっていることは想像に難くありません。

現在同級生は副作用と戦いながら様々な治療をしながら改善を試みています。
本来であれば大学進学が決まっていた女の子ですが、このままの状態では入学しても通学できないため、諦めざるを得ませんでした。
たった、3回のワクチン接種で人生が変わってしまうなんて想像もしていなかったでしょう。
将来子宮頸がんになるかどうか分からない状況のなか、このワクチンを打ってしまったために元気だった同級生の女の子が様々な副作用を抱えて今も尚、苦しんでいるかと思うとやるせない気持ちでいっぱいです。

この同級生の他にも多くの元気であった普通の女の子がこの子宮頸がんワクチンを打ってしまったがために何でもなかった体に様々な不調が出てしまい、以前の日常生活が困難になってしまったケースが多くあります。
現在、製薬会社と厚生労働省を相手取った子宮頸がんワクチンの裁判が行なわれていますが、この裁判に参加している女の子は「以前の日常生活が困難になってしまった」人達です。
このような悲しみを二度と繰り返さないためにこの子宮頸がんワクチンがもたらす副作用についての説明をもっと増やすべきであると感じています。

以上が私と私の同級生が経験した子宮頸がんワクチンの副作用についてでした。

[参考記事]
「子宮頸癌ワクチンを打った16歳の少女が死亡」

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. これは非常に邪悪な、最初から嘘で塗り固めた詐欺ワクチンです。
    毒を入れられたのだから症状が出ている。
    だから、ディトックス(毒を出す)しなければダメです。

    騙した側の現代医学に戻って、さらに「薬」や「治療」と称される毒を買っていたら治りません。

    今は一時推奨停止になっているが、それをやめて推奨再開しようとしている。
    そっちも絶対に阻止しなければなりません。
    それ以外のワクチンも打たないで!!
    せめて、成分や添加物の毒性をしっかり調べてからにしてください。

LEAVE A REPLY

*

Return Top