Read Article

広告

ビタミンCサプリメントは危険。活性酸素が発生して動脈硬化に

広告

緑茶のペットボトルの裏面に書いてある「原材料名」を見てください。

「緑茶 ビタミンC」と書いてあるはずです。

このビタミンCは皆さんの健康のために入れているわけではありません。

これはただの酸化防止剤です。

しかも、このビタミンCは化学合成されたビタミンCですので、本物のビタミンCの効果を期待してはいけません。

本物のビタミンCは「ためしてガッテン」で放送されたように動脈硬化、心筋梗塞、狭心症、大動脈瘤など心臓や血管系の病気に効果があります。

動脈硬化、心筋梗塞は活性酸素が一因になって起りますが、ビタミンCがこれを打ち消してくれるのです。

ビタミンCは動脈硬化、心筋梗塞だけではなく、放射線の被爆にも効果があることが分かっています。

防衛医大が「放射線の障害はビタミンC(活性酸素除去の効果)で打ち消すことができる」と発表しています。

放射線で被ばくしたマウスにビタミンCを大量に投与すると、急性放射線障害で死ぬ割合が減ったとする研究結果を、防衛医大のチームが5日付の米科学誌電子版に発表した。

 被ばくで体内に発生する有害な活性酸素が、ビタミンCの働きで抑えられた可能性があるとチームはみている。新たな被ばく治療の開発に役立つ可能性があるという。

日本経済新聞より引用

じゃあ、合成ビタミンCの場合はどうかといいますと逆に活性酸素を発生させてしまいます。

天然ビタミンCとは逆に動脈硬化、心筋梗塞の一因になってしまうのだ。

同志社大学の西岡一教授は「例外はあるが化学合成されて作られた物質は活性酸素を発生させ、天然物質は活性酸素を除去する」と言っています。

ですので、ビタミンCをサプリメントから摂ってはいけません(数百円で売っているサプリは合成です)。

合成サプリメントは意味がないどころか害です。

ビタミンCは普段の食事から摂りましょう。

[補足]

ビタミンCと安息香酸が同時に入っている商品に気を付けてください。

ビタミンC(アスコルビン酸)と安息香酸が化学反応して発癌物質であるベンゼンが発生します。

栄養ドリンク、ジュース、スムージーなどに入っていることが多く、購入する前にチェックしてくださいね。

LEAVE A REPLY

*

Return Top