Read Article

広告

ポテトチップスは危険だ。発癌物質が含まれている

イギリス食品基準局が「穀物(ジャガイモなど)を高温で揚げた食べ物から発癌物質が検出された」と発表しました(特にポテトチップスが危険)。

その発癌物質とはアクリルアミドです。

炭水化物を油で揚げるとアクリルアミドが合成されるのです。

アクリルアミドは国際ガン研究機関の発癌性レベルで上から2番目(グループ2A)です。

「恐らく発がん性がある」という分類ですので、十分警戒すべきです。

  • グループ1:発がん性がある
  • グループ2A:恐らく発がん性がある
  • グループ2B:発がん性の恐れがある
  • グループ3:発がん性を分類できない
  • グループ4:恐らく発がん性はない

ウィキペディアから引用

警告を発しているのはイギリス食品基準局だけではありません。

スウェーデン食品庁とストックホルム大学が「ポテトチップスにWHOの基準の500倍のアクリルアミドが含まれている」と発表したのだ。

農林水産省も以下の通りアクリルアミドに発癌性があることを認識しています。

でも、企業を守るためにアクリルアミドの規制はされていません。

規制なんかしたら、ポテトチップスメーカーが倒産してしまいますからね。

ヒトがアクリルアミドを大量に食べたり、吸ったり、触れたりした場合に、神経障害を起こすことがこれまで確認されているほか、国際機関は、動物実験の結果から、ヒトにおそらく発がん性がある物質とアクリルアミドを分類しています。  

スウェーデン食品庁とストックホルム大学が、揚げたり、焼いたりした馬鈴薯加工品や穀類加工品に、おそらく発がん性があるアクリルアミドが高濃度に含まれる可能性があることを、2002年に世界で初めて発表しました。 

農林水産省より引用

特に女性の方はポテトチップスなどの揚げ物を食べないでください。

オランダでは55歳から69歳までの約2600名、デンマークでは50歳から64歳までの女性約380名を対象に調査を行ったのですが、どちらの結果もアクリルアミドの摂取量と乳癌の発生率は正の相関を示しています(正の相関とは一方が増えると他方も増える関係のことです)。

つまり、ポテトチップスなどの揚げ物を食べすぎると乳癌になる可能性があるってことです。

皆さん、「….を食べれば健康になる」だけを考えていますが、「…を食べないことで健康になる」という発想も持ちましょう。

LEAVE A REPLY

*

Return Top
Warning: getimagesize(/home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958