Read Article

広告

食事制限(ファスティング)で減量だ! 鬱やボケが治るぞ

広告

日本人の死亡原因1位は癌ですが、なぜ癌が増えたのか考えたことありますか?
森下敬一医師が発表した説によると癌は血液の汚れを固めるために存在すると言っています。
漢方の世界でも病気の根源は血液の汚れだと断定しています。

ではなぜ血液が汚れるかと言うと「食べ過ぎ」です。
食べ過ぎることによって血液の中の老廃物が多くなり、それが癌の原因になります。
体は血液の中の汚れを外に出そうと発疹、炎症、動脈硬化(血管に汚れを固める)、出血(歯茎の炎症など)などの現象を起こしますが、それでも間に合わないと癌が浄化装置として老廃物を固めます。

もちろん、癌の原因は食べ過ぎだけではありません。
他にも
添加物だらけの食品
残留農薬
ショートニングなどの人工の油
空気が悪い環境(排気ガス)
薬(ワクチン)
電磁波
運動不足
なども癌の原因になります。
農薬や薬などの毒は脂肪に溜まってしまいますので、これらを排出するのは難しくなってしまいます。
これらの有害物質をなるべく体に入れないためにも食事制限が必要なのです。

もう1つ食事制限に関して大事なことは「癌は栄養が無いと成長が出来ない」という事実です。
重度の進行がんの患者を高栄養グループと普通食のグループで比べたところ普通食のグループが4倍長生きしたというデータがあります。
マウスの実験でもカロリーを制限した方が長生きしたと言うデータがありますので「少食は病気を防いで長生きする」というのは事実です。

3食の人は2食へ
2食の人は1食へ
減らしてみてはいかがですか。
私は夕方に1回食べるのみです。
この生活を長年続けています。

私の献立は
〇野菜
〇玄米
〇小魚もしくは肉ですが
肉はほとんど食べません
〇納豆 豆腐などの大豆食品
〇ワカメなどの海藻
〇いも類(少し)
です。

今は糖質(炭水化物)抜きダイエットが流行っていますが、私は糖質を含む食品を全否定していません。

1か月ほど炭水化物を抜いたことがあるのですが、絶えず体が重く、頭がぼんやりしてしまったので止めた経験があります。

ですので炭水化物でも玄米は毎日食べています。

玄米は食物繊維(食物繊維は血糖値を下げるのに有効)、ミネラル、ビタミンを豊富に含んでいるうえ、精製されている白米より精製されていない玄米の方が糖質の吸収が緩やかになりますので、白米を食べるなら玄米の方がいいのです

そのお蔭で、ここ数年で病院に行ったのは定期的に歯石を取りに行っている歯科医院のみです。

空腹時は免疫力が高まる

病気になった時には食欲がなくなりますが、これは免疫力を上げるためです。
血液中の白血球は空腹時には旺盛に癌や菌を食べますが、お腹がいっぱいの時には他の栄養素を食べるのに忙しく癌細胞を食べてくれません。

空腹のメリットは癌予防だけではない

〇空腹時には胃腸への血流が少なくて済み、その分、脳への血流が増えることにより鬱やボケが予防できます。
〇20年間実施された猿の実験によると少食の猿の方が食べ過ぎの猿より1.6倍長生きしています
つまり、癌や糖尿病になりにくいことにより長生きしたことを意味します。
〇さらにその実験対象のオスの猿はED(勃起障害)にはならなかったという結果も出ています。男性には耳寄りな情報ですね(笑)

[後記]
セントクリニックの菅野喜敬医師は食事療法の専門家なのですが、糖尿病を完治させる名医です。
人工透析を受ける前、糖尿病の薬を飲む前に相談してみるといいですよ。
東京都千代田区神田美倉町4
美倉ビル5階
03-3525-4459

LEAVE A REPLY

*

Return Top