Read Article

広告

レーシックの失敗で一番多い症状とは(国民生活センターの報告書より)

広告

国民生活センターが2013年12月4日にレーシックに関する報告書を発表しました(調査対象は600人)。

希望した視力になった人が74.3%(446人)、希望した視力に届かなかった人(矯正されすぎた人を含む)が25.7%(154人)で視力に関しては満足している人が多いようです。

しかし、これは「視力に関しては」です。

なんと、希望した視力になった人446人の中で148 人(33.2%)が何かしらの不具合を訴えているのです。

「希望した視力に届かなかった25.7%」と「希望した視力になった人が不具合を訴えている33.2%」を合わせると58.9%の人が「やらない方が良かった」ということになります。

一番多い不具合がハローグレア現象で16.5%

次に6か月以上のドライアイが13.8%

暗い所では見えにくいが9.7%

視力が元に戻ったが5%

視力が安定しないが4.5%

痛みが続いているが2.2%

飛蚊症と判断されたが1.5%

角膜が濁ったが1.5%

物が二重、三重に見えるが1%

などなど。

どこかの病院は満足度97%とかって言ってなかったっけ(笑)

 

 

 

LEAVE A REPLY

*

Return Top