Read Article

広告

糖質制限は危険なのか?効果はあるのか?

広告

「糖質制限は危険だから止めたほうがいいという意見」に対して反論する本を出版した医師がいます。
それは江部康二さんですが、糖質制限を世間に広めた先生です。

簡単に言うと以下の内容が書いてありました。
日本糖尿病学会が糖質6割  タンパク質2割  脂質2割という食事を勧めているが、この食事が糖尿病に良いというエビデンス(医学的根拠)はない。
現に糖尿病の合併症である人工透析、糖尿病網膜症による失明が減っていない。

〇人間の活動に必要なエネルギーはブドウ糖だけではなく、脂肪を分解してできるケトン体もある。むしろ、ケトン体の方が主のエネルギーである。
さらに、体にはブドウ糖が足らなくなると糖新生という働きで糖以外の物質からブドウ糖を作ることができる。
だから、無理に糖質を摂る必要はない。
 
〇脂質を摂りすぎても太るというのは嘘。
中性脂肪が溜まる原因は糖質である。

〇糖質制限を5年続けると死亡率が高まると言うのは嘘。

〇糖質制限食に関するエビデンス(イスラエルでの調査)はある。
それによると血糖コントロールと体重が減ることに関して効果があった。

以上大雑把ですが、こんなことが書いてありました。

糖質制限って簡単に言うと炭水化物などの糖類を一切食べないで、肉、魚はいくらでも食べていいですよっていう食事療法です。

私も実は糖質制限をやったことがあるのですが、3日でギブアップしました(笑)

理由は
〇肉や魚を食べまくったせいで、吹き出物が増えてしまった。
〇さらには今までは1日1回便は出していたのに、3日間お通じは無かった。
〇肉を食べまくって健康面は大丈夫なのかという不安感。例えば抗生物質を食べさせている肉を食べまくっていいのかなど。

以上の理由から糖質制限を止めました。
しかし、糖質を摂り過ぎると動脈硬化などの原因になるのは事実ですので、私は「玄米を茶碗小盛り1杯、肉か野菜、海藻、大豆製品」を中心に食べています。
つまり、プチ糖質制限です。
そのお蔭か糖尿病を初めとして一切病気はありません。
「…先生が言っているから、良さそうだわ」ではなく、反対意見も含めた情報をたくさん集めて、実行するかどうか決めましょう。

江部康二先生に関しては「江部康二先生監修のショッピングサイト」が2つくらいあるのが気になります。お金の臭いがする(笑)

LEAVE A REPLY

*

Return Top