Read Article

広告

顔のシワとシミの予防対策はこれだ!

 

 シミやシワを消そうと思って、美白シワ用の化粧品を買っても意味がないです。むしろ、このような化粧品を使い続けるとシミやシワが増えることは「医薬部外品は表示(成分)隠しだ! 美白化粧品でシミが増える理由」でお伝えした通りです。この記事では肌のバリア機能が「合成界面活性剤入りの化粧品」で壊されることで刺激に弱くなり、シミが増えると書きました。このようなことを経験している女性も多いのではないでしょうか。

 そこで今日は化粧品を使わないでシミやシワを防ぐ方法についてお伝えします。肌に弾力性があるのはコラーゲンのおかげなのですが、そのコラーゲンに糖質が結びつくと終末糖化産物(AGE)という老化物質が生成されます(糖質とは炭水化物の1要素で、式で表すと炭水化物=糖質+食物繊維)。

 この終末糖化産物が増えるとコラーゲンが変性してシワやシミの原因になるのです。これを防ぐにはどうしたらいいのかと言うと「過剰に糖質を摂らないこと」しかありません。糖質を多く摂り続けると段々と終末糖化産物が蓄積されて老化が加速します。

 終末糖化産物が悪さをするのは肌だけではありません。終末糖化産物が血管内に増えると血管を傷つけて「動脈硬化」の進行を早めてしまいます。結果的に心筋梗塞や脳卒中などの大病にかかりやすくなるので注意が必要です。

 では終末糖化産物を作らないためにどうしたらいいのかを説明します。

広告

①糖質を減らすこと

 糖質が多い食品はパンやうどんなどの小麦粉を使った食べ物、お米、お菓子やジュースなど砂糖を使った食べ物です。これらの主食を減らして、肉、魚、野菜、海藻、大豆製品などを食べる糖質制限ダイエットが流行っていますが、これが終末糖化産物を作らせない食事に適しています、

 また、果物に含まれている果糖はブドウ糖の100倍くらい終末糖化産物を作りやすいと言われていますので、リンゴ、ブドウなどが好きな人は注意してください。

②終末糖化産物を含む食品を減らす

 終末糖化産物は体内で生成されるのが全てではありません。食べ物にも終末糖化産物を多く含むものがあります。特に「焼くこと」「揚げること」によって終末糖化産物が増えやすくなります。ですので、「焼くこと」「揚げること」よりも「茹でること」をお勧めします。例えば鶏肉であれば焼いたり、揚げるよりも、茹でた方が良いということです。後はベーコン、マヨネーズ、バターも終末糖化産物が多いですので、要注意です。

③紫外線に気を付ける

 言うまでもありませんが紫外線には気をつけてください。理由は2つあるのですが、1つ目は紫外線がコラーゲンを傷つけてしまうこと。2つ目は紫外線が刺激になってお肌の終末糖化産物を増やしてしまう事。皆さん、合成界面活性剤入りの化粧品を使っていて肌の状態が悪いですので、紫外線の刺激がさらに悪影響を及ぼします。

[後記]
 コラーゲン入りの化粧品を肌に塗っても分子が大きすぎて浸透しません。これらの商品は消費者の無知を利用してコラーゲンが効いているかのようにマーケティングで誘導しているだけです。

 また、コラーゲン入りのサプリを摂ってもアミノ酸に分解されてしまうので、肌に届きません。騙されないようにしてくださいね。コラーゲン入りのサプリを食べれば肌がプルルンなんて言っている会社は信じないようにしましょう(笑)

LEAVE A REPLY

*

Return Top
Warning: getimagesize(/home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958