Read Article

広告

トランス脂肪酸を含むマーガリンは食べるな! 病気になるよ

広告

トランス脂肪酸は油に水素を添加した人工油なのですが、構造がプラスチックに似ていることから「食べられるプラスチック」呼ばれています。
トランス脂肪酸はマーガリン、ショートニングファットスブレッド、植物油脂、加工油脂などに含まれています。
マーガリンを製造しているメーカーはトランス脂肪酸に関してなんて言っているでしょうか。
ホームページのQ&Aには「トランス脂肪酸を食べても問題ありません」と書いてありました。
なんでメーカーが自信を持ってこんな嘘を言っているのか。

その自信の根拠は農林水産省が「日本人の摂取量ではトランス脂肪酸によって病気になる可能性は低い」と言っているからです。

それならなぜアメリカはトランス脂肪酸を全面禁止にするのでしょうか。
それはトランス脂肪酸の少量の摂取でも病気を増やすからです。
米食品医薬品局は「トランス脂肪酸を止めれば年間2万人の心臓関連の病気を減らせる」と言ってます。

トランス脂肪酸が増やす病気

前立腺癌の可能性を2倍に増やす
乳癌の可能性を70%増やす
糖尿病の可能性を30%増やす
〇オメガ6系の油(ゴマ油など)と較べて
不妊症になる可能性を2倍増やす
子宮内膜症のリスクを50%増やす
認知症のリスクを2倍増やす

これらの結果は大学の研究で判明した事実です。

最近は子供ができにくい夫婦が増えていますが、その一つの原因はトランス脂肪酸です。
不妊治療をしながら、トランス脂肪酸を食べている人もいますが、意味ないですよ。

トランス脂肪酸を含む食品

粉ミックス
冷凍食品
お菓子
シリアル
クッキー
マーガリン
カップラーメン
2015-04-28_202936 2015-04-28_203005 2015-04-28_203048 2015-04-28_203111 2015-04-28_203125 2015-04-28_203141 2015-04-28_203219

[後記]
オメガ6系(ごま油など)の油も必要なのですが、オメガ3系の油の摂取を増やしましょう。
オメガ3系の油は さばイワシ(EPAやDHA)や亜麻仁油に多く含まれています。
理想は1(オメガ6系) 対 4(オメガ3系)
癌治療で有名なゲルソン療法ではオメガ3系の油を積極的に摂ります。
オメガ3系の油は亜麻仁油の他にしそ油 エゴマ油があります。

LEAVE A REPLY

*

Return Top