Read Article

広告

食品添加物の恐ろしい影響!あなたも癌の中身入り[防カビ剤編]

広告

 

 「食品添加物の恐ろしい影響!あなたも癌の中身入り[タール色素編]」で食品添加物のタール色素で癌になる可能性があることをお伝えしましたが、まだまだ危険な食品添加物はあります。

 それが「防かび剤」です。本来、農薬として使われるものが食品添加物として認可されている現状があります。3つの食品添加物を取り上げて、危険性を説明していきます。

 OPP(オルトフェニルフェノール)は輸入フルーツ(レモンやバナナなど)に防かび剤として含まれている食品添加物です。外国から運ばれてくるときにカビが付かないようにするために使われていますが、元々は農薬です。「皮を剥けば安心でしょ」と思う人が多いですが、実は中にも浸透しているので、対策としては輸入のかんきつ類は食べないことが一番です。

 食べ物以外では割り箸に使われていますが、私はこれを知ってからマイ箸を持ち歩くようにしています(参考記事「割り箸は危険だと中国の有名俳優が投稿!」)。OPPは動物実験で膀胱がんが発生することが分かっています。


 TBZ(チアベンダゾール)は殺菌剤ですが、通常はOPPと一緒に輸入フルーツに使われます。TBZは食品添加物として認められていますが、これも農薬として使われているものです。食べ物以外ではいわゆる抗菌グッズなどに使われていますので、非常に強力な毒性を持っています。

 TBZを使った動物実験では胎児に奇形が発生することが分かっていますので、妊娠中の妊婦の方は特に注意が必要です。


 イマザリルはOPPと同じく防かび剤ですが、輸入のフルーツに使われている食品添加物です。外側だけではなく中身にまで薬剤が浸透しますので、一番の対策は外国産のフルーツは買わないことです。

 イマザリルもTBZと同じように胎児に奇形が発生するので要注意です。

まとめ

 これらOPP、TBZ、イマザリルはフルーツの皮に含まれているだけではなく、中にも入りこむことが調査で分かっています。ですので、「皮をむけば大丈夫」ではないので食べないことをお勧めします。

 それにしてもこれらの農薬が食品添加物として認可されていること自体おかしなことです。「国はあなたを守ってくれない」ということを頭に入れて、食品を購入しましょう。

LEAVE A REPLY

*

Return Top