広告

化粧品を売るときにはこうして嘘をつく

化粧品を売るときにはこうして嘘をつく

美容クリームのランディングページ(販売ページ)を見ていたのですが、過大な広告表現が多数使われていました。 販売ページの説明にはアミノ酸が肌に浸透して、真皮にあるコラーゲンが活性化して肌に張りが出ると書いてありましたが、あり得ないから(笑) 例え真皮にアミノ酸が浸透しても、コラーゲンになりません。 どうやって、化粧品に入...

ヘアカラーで乳癌、リンパ腫になるリスク

ヘアカラーで乳癌、リンパ腫になるリスク

北里研究所病院臨床環境医学センターが市販の毛染め剤3種類を使って、乳癌の増殖率を調べたところ、最大で45%増殖していることが分かりました。 実験は毛染め剤の濃度を1000億分の1に薄めて行われたにもかかわらず、この結果です。 毛染めをする時に1000億分の1に薄めていたら染まらないと思うのですが(笑) 普通は原液で毛染...

宇津木式美肌術でシミ、クスミを防ぐ

宇津木式美肌術でシミ、クスミを防ぐ

  「クリニック宇津木流」という変わった名前の病院を経営している宇津木龍一先生の美容術について説明します。 宇津木龍一先生が北里研究所病院に勤めていた頃、美容ドックをやっていたのですが、検査した患者の8割の肌は「頬が乾燥してボロボロ」だったと言います(健康的な肌は20%)。 さらに、その中の半数の肌は病的レベ...

ココナッツオイルはHIVや癌に効果がある

ココナッツオイルはHIVや癌に効果がある

最近、ココナッツオイルがブームになっていますが、それもそのはず。 様々な病気に効果があるからだ。 例えばHIV。 フィリピン大学の教授であるデイリット博士が22歳から38歳の14人のHIV患者にココナッツオイルを飲ませた結果、その内9人のHIVウイルスの数が少なくなったと言う。 なぜ、教授がココナッツがHIVに効果があ...

モンドセレクション金賞は15万円で買える

モンドセレクション金賞は15万円で買える

ある化粧品経営セミナーに行ったのですが、そこの講師が次のような事を話しました。 「モンドセレクションっていう賞がありますよね。 あれ実は買えちゃいます(笑) 金賞が15万で、銀賞が10万です。」 モンドセレクション(Monde Selection)とは食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康を中心とした製品の技術的水準を審...

アミノ酸系のシャンプーは危険ですよ!

アミノ酸系のシャンプーは危険ですよ!

アミノ酸シャンプーが流行っていますが、本当に頭皮に優しいと思っていますか? アミノ酸と言えば筋肉の材料になるなど人体には必須ですが、アミノ酸シャンプーのアミノ酸は特に必要ではありません。 「アミノ酸シャンプーは刺激が弱くて..」という記事をあるサイトで読みましたが、あれば嘘です。 アミノ酸シャンプーには「アミノ酸系の合...

天然成分を売りにしている化粧品の嘘

天然成分を売りにしている化粧品の嘘

「私たちの化粧品は〇〇という天然成分が10種類入っています」 このような天然成分を売りにしている化粧品を見かけませんか。 でも、そもそも皮膚は外の刺激から守ったり、毒素を排泄する器官であって、何かの成分を吸収するようには作られていません。 ですので、天然成分を塗ったからと言って皮膚が綺麗になることはありません。 これは...

「浸透しない化粧品」の嘘!本当は浸透させている

「浸透しない化粧品」の嘘!本当は浸透させている

「肌に化粧品の成分を浸透させるには皮膚のバリア機能を壊さないといけない」 この事実はこのサイトで何度も指摘しました。 この事実が世間に広まるにつれ、「浸透しない化粧品」を売りにしている会社が出てきました(「浸透しない化粧品」で検索すれば会社名は分かります)。 つまり、成分を浸透させないんだからバリア機能を壊さないでしょ...

無添加化粧品の嘘

無添加化粧品の嘘

「この化粧品は無添加で防腐剤が入っていないので安心です」 そりゃ、腐らない材料を使っているのだから、その化粧品元々腐りませんよってつっこみたくなります(笑) さらに嘘の上塗りで「この化粧品は無添加ですので1か月以内に使ってください」なんて言ってますが、元々腐らないんだから、一生腐りませんよ(笑) 「1か月以内に使ってく...

化粧品の医薬部外品は安全か?医薬部外品の仕組みを暴露します

化粧品の医薬部外品は安全か?医薬部外品の仕組みを暴露します

「薬用化粧品」であれば安全で効果が高いと思っていませんか? 「薬用化粧品」は医薬部外品と呼ばれていますが、102種類の表示指定成分以外は記載の義務がなく、新しい成分についても法律的な規制はありません。 表示指定成分とはアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分として、薬事法によって製品への表示を義務づけられた成分で...

Return Top