Read Article

広告

アメリカ牛肉は危険!肉質が柔らかい理由とは

広告

アメリカで飼育されている牛が何を食べて育てられているのか知っていますか?
それは肉骨粉です。
例えば障害や病気で死んだ動物の肉(ねずみ、猫、犬なども含めて)などを細かく砕いて粉状にしたものが肉骨粉です

1126857
狂牛病の原因になったのも肉骨粉だったことは記憶に新しいです。
こんなのを食べさせられている牛肉を食べたいと思いますか?
私は少なくとも食べたくありません(笑)
では飼っている犬、猫などのペットには食べさせたいですか?
ほとんどの人が「食べさせたくない」と言うでしょうが、実際には食べさせていますよ(笑)
なぜならドックフードに肉骨粉が含まれているからです。
徳島市が事故などで死んだ動物の遺体を肉骨粉業者に卸していたことが新聞に載りましたが、これが意味することは分かりますよね。
この死骸を処理したものが肉骨粉業者からドックフードやキャットフード製造会社に卸されているのです。
これは犬猫に対する虐待ですよ(笑)

病気の肉を食べているのは犬や猫だけではありませんよ。

人間が食べる豚肉の7割が病気由来の肉です(牛肉は9割が病気由来)。

信じられないかもしれませんが、厚生労働省から発表された資料に載っていますので事実です。

詳しくは「あなたが食べている牛肉の9割は病気を持っている」をお読みください。

[後記1]
アメリカ牛には肉骨粉だけではなく、養鶏の糞に大豆を混ぜて牛に食べさせていますよ

[後記2]
炭水化物抜きダイエットは炭水化物(糖)を抜けば肉などをいくらでも食べてもいいという方法ですが、先ほど説明したような肉骨粉で育った肉を食べていては意味がないですからね。

炭水化物抜きダイエットは良質な肉や魚(タンパク質)を炭水化物の代わりに食べましょうって言うダイエットです。

ちなみにブラジル産の鶏肉も食べないでくださいね。

ブラジル人も自国産の鶏肉は食べないそうですよ(笑)

抗生物質やホルモン剤がたくさん入っています。

[後記3]
アメリカ牛が柔らかい理由をご存知ですか?
それは女性ホルモンであるエストロゲンが含まれているからです。
エストロゲンを与えると牛の体重が増えて高く売れるのです。

このホルモンは乳癌や前立腺癌を引き起こすので注意してください。

LEAVE A REPLY

*

Return Top