Read Article

広告

児童相談所に拉致された親の苦悩。向精神薬を飲まされた

 

 皆さん、児童相談所がどんでもない悪行を働いていることをご存知ですか?例えば以下のような無実の罪で児童相談所に連れて行かれてしまうケースがあります。

①母乳で育児していただけで虐待認定されて通報

②子供が怪我をしたために病院に連れて行った時に虐待認定されて通報

③子供が冗談で親に虐待されていることを学校で言ったら通報

④たくさんの兄弟の中で1人だけ体が小さいだけで児童相談所の職員に車で拉致される

⑤体にあざが出来やすい体質なのに虐待だと思われて通報

⑥先天的な脳の病気なのに虐待と思われ通報

 その他にも児童相談所問題に詳しい内海聡先生のフェイスブックには以下の事例が書かれていました。まるで、共産国家のような恐ろしい世界を想像してしまうのは私だけだろうか。

①歯医者に連れて行ってフッ素を塗らないと言ったら虐待
②母親がワクチンを打たないと言ったら虐待
③母乳育児で頑張り牛乳を飲ませなかったら虐待
④子どもが癌になり抗ガン剤使わないで代替療法選んだら虐待
⑤親が離婚して子育てが苦手で服が汚かったら虐待
⑥手をつないで歩いていて転んで骨が折れていたら虐待
⑦離婚した片方の親が児童相談所に捏造告げ口しただけで虐待
⑧ジジババが母親と折り合い悪い時に捏造告げ口したら虐待
⑨脳出血の病気があったら赤ちゃんは親が脳障害与えたとして虐待
(乳児院に入ってからも脳出血しているのに)
⑩子どもの体が小さい=栄養を与えてないとして虐待
⑪赤ちゃんが入院して院内感染指摘したら逆に虐待
⑫3.11過ぎてから骨の病気になってきたら栄養与えてないからと虐待(ストロンチウムのせいでしょうが)
⑬風邪薬を与えないのは子どもを苦しめているとして虐待
⑭なにかカルトといわれるものに手を出していたら虐待
(子どもはなにも嫌がってないし実被害もないのに)

内海聡先生のフェイスブックより引用

 このような例の中には何も虐待をしていないのに、6年間も隔離されて1回も合わせてもらえないケースもあります。親の許可をもらわずに勝手に子供に向精神薬を飲ませているのがばれてしまうから会わせない例もあるそうです。

 ③の事例では子供が後から虐待の事実がないことを白状しても子供を返してくれないなど、普通では考えられない事例がたくさんあります。実は児童相談所の職員は専門知識を駆使して働いているわけではなく、ただの素人です。ですので、虐待かそうでないかを判断する知識を持っていないのです。例えば先月まで土木で働いていた職員が1か月の研修で児童の専門家に早変わりするくらいですから(笑)

 以上の話を聞いて信じられますか。私も最初は嘘だと思いました。でも、色々調べると本当でした。なぜ、こんなことをするのかと言えば、児童を児童養護施設に送り込めば国からお金が貰えるからです。

[後記]
 タイガーマスクの名前で児童養護施設にランドセルが送られていたニュースを聞いたことがあると思いますが、あれ少し変だと思いませんか?このニュースが流れて少し経った頃に児童養護施設の予算増額の要求が出されましたが、明らかにタイガーマスクは児童養護施設のお仲間でしょ(笑)

LEAVE A REPLY

*

Return Top
Warning: getimagesize(/home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/a11926240/kenkoubyouki.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958