広告

私が大腸がんに気づくきっかけになったのは貧血と疲れやすさ

私が大腸がんに気づくきっかけになったのは貧血と疲れやすさ

  この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………………. 『まさか自分が癌なんて自分には無縁な物だと思っていた』  きっと病気を患った人は誰もがそう思う。私の場合、まだ未成年の子供がいたので、なおさら『どうしよう…。どうしよう…。』と思い...

肺がんの抗がん剤の副作用で肺炎に。私の肺がん闘病記

肺がんの抗がん剤の副作用で肺炎に。私の肺がん闘病記

この記事は60代の男性に、肺がんの闘病記を書いていただきました。 …………… 肺がんであることを勧告され抗がん剤との遭遇   昨年の事です。もともと腎臓を患い定期的に大病院の循環器科へ2か月に一度のペースで検診を受けていました。ある時、咳が止まらないので主治医...

子宮頸がん治療2年目の体調や生活、後遺症の有無

子宮頸がん治療2年目の体調や生活、後遺症の有無

  この記事は「癌の長期入院で出費が多くなったのは入院費よりも雑費」の続きです。 ………… がん治療後の2年間は特に注意が必要  子宮頸がんの治療を終えると、今度は「再発・転移」の恐怖との闘いが始まりました。再発患者の多くが2年以内に再発しており、子宮頸がんでは...

癌の長期入院で出費が多くなったのは入院費よりも雑費

癌の長期入院で出費が多くなったのは入院費よりも雑費

   この記事は「子宮頸がんの治療の結果、腫瘍は消失」の続きです。 ………… 子宮頸がん治療に掛かったお金  2ヶ月の入院費、放射線治療、抗がん剤、副作用対策の薬、パジャマのレンタル代など2ヶ月で掛かった金額は約50万円。「限度額適用認定証」を持っていたので少額...

子宮頸がんの治療の結果、腫瘍は消失

子宮頸がんの治療の結果、腫瘍は消失

  この記事は「[子宮頸がん] 次へと襲い来る放射線治療と抗がん剤の副作用」の続きです。 ……… 年越しは1人きりの病室で  土日を除く毎日のリニアック(放射線治療)、週1回の抗がん剤投与を順調にこなし、年末を迎えようとしていました。この時期なると同室だった抗がん剤治療での...

[子宮頸がん] 次へと襲い来る放射線治療と抗がん剤の副作用

[子宮頸がん] 次へと襲い来る放射線治療と抗がん剤の副作用

  この記事は「子宮頸がんの抗がん剤治療が始まる。抗がん剤で二日酔い?」の続きです。 …. 放射線治療・抗がん剤共に副作用は後からやってきた  子宮頸がんの治療のための初めてのTP療法(パクリタキセル、シスプラチン併用療法)を終えた翌日は、心配していた副作用はありませんでした。抗がん剤治療の際に抗...

子宮頸がんの抗がん剤治療が始まる。抗がん剤で二日酔い?

子宮頸がんの抗がん剤治療が始まる。抗がん剤で二日酔い?

  この記事は「子宮頸がんの化学放射線療法のため2ヶ月の入院治療開始」の続きです。 ……… 一番不安だったのは抗がん剤治療  金曜日に入院し、初めての放射線治療を終えた後、土日は何の治療もなく”患者もお休み”でした。そして休日明け、最初の治療は私が一番不安に思っていた抗がん...

子宮頸がんの化学放射線療法のため2ヶ月の入院治療開始

子宮頸がんの化学放射線療法のため2ヶ月の入院治療開始

  この記事は「子宮頸がんの治療で、私が選択したのは化学放射線療法(CCRT)」の続きです。前回の記事では子宮頸がんのために化学放射線療法を受ける決断をしたところまで。 ……….. 初めての長期入院  外科手術の場合の入院期間は2週間程ですが、化学放射線療法(CCRT)の場...

子宮頸がんの治療で、私が選択したのは化学放射線療法(CCRT)

子宮頸がんの治療で、私が選択したのは化学放射線療法(CCRT)

   この記事は「子宮頸がんの治療するため日本最高峰の病院へ。婚約者の言葉に涙」の続きです。 ////////////////////////// 明るいがん専門病院  数日後、総合病院の医師からの紹介状を手にがん専門病院へ。まさか自分ががんになるなんて思った事もなく、身内にも闘病者がいなかったので「がん専門...

子宮頸がんの治療するため日本最高峰の病院へ。婚約者の言葉に涙

子宮頸がんの治療するため日本最高峰の病院へ。婚約者の言葉に涙

  この記事は「発見された子宮頸がんは既に進行期。婚約者と別れるべきか」の続きです。 …………. インターネットでの情報収集  病院での告知後、転職先への勤務開始まで休暇期間だった事もあり、1日中ネットで「子宮頸がん」に関する情報収集をしていました。告知前から読...

Return Top