広告

74種類のワクチンでのそれぞれの死者はどれくらい?

74種類のワクチンでのそれぞれの死者はどれくらい?

アメリカのVAERS(ワクチン有害事象報告システム)に登録されているワクチンによる死亡例を検索しました。 その結果、ワクチン全種類での死亡数は6193人でした。 これはあくまで、VAERSに登録されている数ですので、実際には10倍以上いると言われています。 中でも多いのがインフルエンザワクチンとB型肝炎ワクチンです。 ...

Return Top