Read Article

広告

電磁波が乳癌を誘発

広告

電磁波が乳癌を誘発するという研究がWHOや大学の研究者から発表されています。

①WHOでは0から300 GHzまでの電磁界が及ぼす健康リスクについての調査を行っています。

その調査の中で電磁波と乳癌の関係について有意な差が出た事例があります。

〇ノルウェーテレコムに勤務する女性2619人の調査で、電話交換手の女性に乳癌発症率の増加が認められました。

〇高圧電線の近くに住んでいる住民(ノルウェー)に乳癌の発症率増加が認められました。

しかし、WHOの結論として「一部の例では電磁波と乳癌の関係が認められるが、科学的な根拠がなく断定できない」と言っています。

 例が少ないとはいえ、電磁波と乳癌の関係が認められる以上、私たちは警戒する必要があるでしょうね。


電磁波による生体障害の権威ニーチェ博士は「カルフォルニア州マリン郡のレーダー基地のアンテナ付近の女性は通常の場所に住んでいる人に比べて乳癌発症率が5.4倍高い」と発表しています。

③アメリカのディマーズ博士は「電力会社に勤めている男性職員の乳癌疾患率が通常より6倍多い」と発表しています。

男性でも乳癌になりますが、乳癌全体の1%ほどです。

④乳腺外科のジョン・ウエストさんが「ブラジャーの中に携帯電話を入れている4人の女性を調べた結果、携帯電話が接している箇所に乳癌が発生していた」という研究を発表しました。

私は胸のポケットに携帯電話を入れる癖があるのですが、これを読んで止めました。

以上、4つの研究を紹介しましたが、電磁波と乳癌の関係はあると思った方がよさそうです。

以下の記事でも書きましたが、電磁波は乳癌だけではなく、白血病も誘発しますので、十分 気を付けてください。

「強い電磁波で小児白血病(癌)の発症が2倍。16mGで流産危機」

LEAVE A REPLY

*

Return Top