Read Article

広告

抗菌石鹸(薬用石鹸)に効果はないと米食品医薬品局は言っている

広告

皆さん、抗菌石鹸(抗菌ハンドソープ)を何のために使っていますか?

恐らく、全ての人が菌を殺せるからと答えるでしょう。

しかし、これが間違いであることを高麗大学校(韓国)の Min Suk Rheeさんが明らかにしました。

今回の研究では、20種類の細菌株を試験管に入れ、普通石けんと0.3%トリクロサン含有石けんに手洗い時の一般的な温度で曝露させた。

9時間以上継続して曝露した場合、トリクロサンには「有意に」強い抗菌性が認められたが、10、20、30秒の曝露では、普通石けんを上回る効果はないことがわかった。

つまり、トリクロサン(殺菌剤)を含む石鹸と普通の石鹸の効果に差はないということです。

もし、抗菌石鹸に高い効果を望むのであれば9時間ほどトリクロサンに浸けておかなければならない。

9時間は無理でしょう(笑)

抗菌石鹸の無意味さを訴えているのは高麗大学校の Min Suk Rheeさんだけではなく、米食品医薬品局(FDA)も同じことを言っているのだ。

つまり、「抗菌石鹸は普通の石鹸に比べて、特に効果が高いということはない。もし、効果があると言うのならばメーカーは証拠を出しなさい」と。

アメリカではトリクロサンに関して禁止の方向に動くでしょう。

実際に米国ミネソタ州では危険性があるとの理由でトリクロサンを含む製品は禁止されるのだ。

抗菌の液体せっけんに使われるトリクロサン、固形せっけんのトリクロカルバンといった成分は、長期にわたって使い続けると菌の耐性を強めてしまったり、ホルモンの分泌に影響を及ぼしたりする危険性があるという。FDAの専門家によると、ラットを使った実験で甲状腺ホルモンが減少するとの結果が報告されている。

CNNより引用

あっ、そういえばEUは既にトリクロサンを禁止しています。

禁止の理由は効果がないことに加えて、トリクロサンが耐性菌を発生させてしまうからだ。

日本はもちろん、トリクロサンを禁止にしていないし、その気配もない。

トランス脂肪酸に関してもアメリカは2018年に禁止しますが、日本では野放しだ。

政府が守ってくれないのなら自分で守るしかない。

唯一の対策は薬用、殺菌、抗菌と書かれている石鹸や洗浄剤を買わないことだ(効果は変わらないので、シャボン玉石鹸などの完全無添加の石鹸を使いましょう)

[トリクロサンを含んでいる日本の製品]
ビ〇レU
ワキガなどの消臭石鹸(薬用石鹸)などに含まれている

LEAVE A REPLY

*

Return Top