Read Article

広告

AGAの薬の副作用により感染症にかかり、爪がはがれる

広告

 

 3年前のことです。髪の毛が薄くなり、自分の症状についてインターネットで調べて、チェックしました。すると、男性型脱毛症(AGA)という結果が出ました。AGAは治療を早く始めるほど治りやすいという情報がありましたが、お金がなくそれまでは市販の育毛剤を試しているくらいでした(育毛剤は毛根に栄養を届けるのが目的で、抜け毛の原因を阻止する効果はありません)。

 さらにネットで調べるとAGAの治療は、日本の認可薬「プロペシア」や「ザガーロ」を飲んだり、重度の患者になると皮膚移植することもあると書かれていました。プロペシアの副作用を調べると以下の症状が現れる可能性があると書いてありまして、正直、不安を覚えました。そして、薬代も月6000円ほどかかり、非常に高いことも分かりました。

睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)、乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

 そこで、お金もない私は海外の薬だったら日本より安いのではないか思い立ち、海外からの入手方法や実際に使用している方の評判を調べました。すると、破格で取り寄せることも可能であったり、実際に使用して効果がある方の投稿があったり、さらに日本で処方された薬と同じ効果があったとも書かれていました。やはり、海外の薬ですので、副作用に関しては不安はすごく大きかったです。

 お金のない私は、フィナロというフィナステリド1mg配合の錠剤とミノキシジル錠というミノキシジル1mg配合の錠剤を注文し使用し始めました。最初の1か月は初期脱毛がありましたが、その後、抜け毛は止まり、体中の体毛が黒く目立つように生えてきました。私の未来は虹色になると信じて使い始めました。

ミノキシジル、フィナロの効果

 ミノキシジルは正直な感想として体毛が(全身の産毛が)生えてきました。眉毛や腕の毛、顔の産毛が濃くなって、毛髪は太くカールがかかって生えてきました。
 フィナロも1か月程初期脱毛がありましたが、その後、抜け毛がなくなりました。

ミノキシジル、フィナロを飲み続けて起きた副作用

 ミノキシジル、フィナロを飲み始めて、1か月後に顔のむくみを少し感じました。さらに、半年ほど経った頃ですが、突然、動悸がして10分程続きました。命の危険を感じた私は、まずはミノキシジルの服用を止めました。なぜならミノキシジルには血管拡張の効果があり、動悸の原因だと判断したからです。

 しかし、フィナロの方は注意しながら飲み続けていました。飲み続けたのは2年間ほどでしょうか。注意喚起されている副作用としては、フィナロは鬱に似た症状や、勃起不全、健忘症、甲状腺がんなどの副作用があることが分かりましたが、それらの症状は起こりませんでした。それらの副作用はなかったのですが、手の爪と足の爪が黄色くなったり、白くガサガサに分厚くなったり、しまいにはボロボロに剝がれてきたので、皮膚科を受診しました。検査では糸状菌の感染症と診断されました。(そこら中にいる菌で、滅多に感染しないらしいです)。 飲み続けたせいで、身体の抵抗力が落ちたのか、妙な成分が配合されていたからなのか今となっては分かりません。これ以上体調がおかしくなる前に使用を中止しました。

「その後のこと」

 今は、市販の育毛剤で産毛を大事に育てています。そこそこ生えてきました。副作用の後遺症も治ってきています。当たり前のことですが、自分で判断せず、医師の判断を仰ぐようにするべきだったと思う今日このごろです。知識を自分で調べるのは良い判断ですが、それは参考程度にして、専門家に相談してみることが大切だと感じました。

 ミノキシジル、フィナロによる副作用は服用した人全員に起きるものではありませんが、起こらない保証はないこと、違う病気になってしまうことがあるということ。私の体験が皆様のご参考になれば良いと願っております。

[参考記事]
「抗がん剤の副作用である便秘に相当悩まされました」

LEAVE A REPLY

*

Return Top