Read Article

広告

乳がん体験南さん編⑨抗がん剤投与で面白いように髪が抜ける

広告

 

この記事は「乳がん体験南さん編⑧術後の検査結果は過去2人しかいない癌でした」の続きです。

………………..

「扁平上皮化生癌はですね、特殊型なんです。私も過去に2人ほどしか診ていません。この癌は本当に珍しくて、症例がほとんどない。しかも、抗がん剤の効果は乏しいんです。」と衝撃の言葉を医師から言われた次の日、私はインターネットで化生癌について調べました。

症例数が本当に少ないのか情報はほとんどなく、あっても昭和の頃の文献や症例があるだけでした。

そんな中、扁平上皮化生癌に関して記してあるサイトを見つけました。

読み進めると、信じがたい記述が。

・扁平上皮癌は予後が不良

・再発は血行性で、肺や骨に転移する
=>血行性とは血管(血液)を通して癌が転移すること

・乳がんの扁平上皮癌の発生はまれで、全乳がんの0.1%以下

・治療は標準治療である、抗がん剤の使用が大切

0.1%?つまり、乳がんの方の1000人に1人しかいないってこと?

そんな・・助からないじゃん。

何度調べても情報は同じ。

乳がんの方のブログを読んでも、私と同じ方がいない・・。

抗がん剤しか治療法がないのに、その抗がん剤だって、効果が乏しいじゃないか・・。

私の中で、今まで我慢していた思いが出てきました。

泣いて、泣いて、泣きまくって。

声は出ないけれど、次から次へと涙が出てくる。

家族が仕事や学校でいなくてよかった、と思うほど、朝から晩までずっと、泣いていました。

みんな、ごめんね、

本当にごめんね・・。

そんな思いや、何で私は生まれてきたんだろう、両親や子供を悲しませるんだったら、生まれてこなければ良かった・・。

そう、追い込まれました。

生きる意味。

生きている意味。

生きるってなんだろう・・。

改めて、「生きる」ということを考えました。

でも、自己防御機能が体の中で働くのか、泣くと落ち着くんですね。

夜、お風呂に入りながら

「受けてたってやる。抗がん剤だって、なんだって乗り越えて見せる」

そう一人でつぶやいていました。

第一回目の抗がん剤投与は、泣きまくってから6日後でしたが、前日にまず、肩よりも長かった自分の髪の毛を自分でショートにまで切りました。
一人断髪式です!

その後、切った髪の毛をヘアバンドにボンドやら布やらでくっつけ、自作の簡単ウィッグを作りました。
これは、帽子をかぶると後ろ側に髪の毛があるように見えるのです。

そしてタオルで帽子作り。
奮発して国産の肌触りの良いタオルを使ってしまいました。

こうやっているうちに、少しずつ自分を取り戻し、もうなるようにしかならない!と思いましたね・・。
自分ですべて受け止めたのだと思います。

そして抗がん剤投与の日。

化学療法を行う部屋は、病院の端にあって扉は重く、管理されている感じでした。

採血をし、白血球の数を確認。
問題がなかったので、いよいよ投与です。

吐き気止めの点滴から始まり、エンドキサン、ドセタキセル、生理食塩液と進みます。

この間は、飲食をしてもテレビを見ていてもOK。
私は、ただ、ぼーっと液が落ちていくのを見ていました。
私の体の中に、薬が入っていく・・。
どうか、効果がありますように・・。そう思っていました。

午前9時20分に投与して、終了が12時30分。
意外とあっさり終わりました。

吐き気もありません。あれ?楽勝かな?と思ったくらいです。

でも、徐々に体に変化が。

投与した日は何ともなかったのに、2日目、3日目と進むにつれ、吐き気や足の裏の痛み、関節痛、皮膚のかゆみ、味覚の変化が現れ始めました。
夜も痛みなどで、よく眠れなくなったのです。

そして、投与から12日目。

髪の毛が抜け始めました。
これが面白いように抜けるんです!

他の方のブログから、髪の毛が抜けた時はショックだ、と知識を得ていたのですが、むしろ私は、「本当に抜けるんだ~!おもしろい!」と抜け始めてから毎日のように、自分でひたすら抜いていました。

ですが、そんな私をみて長男が一言冷静に怒りました。

「髪の毛、自分で抜くな。自然に任せて床に落としておけ。」と。

ハッとしました。

そっか。そうなんだ。

たった一言でしたが、妙に心にストンと入りました。自然に任せる・・。
大切なことを忘れていた気がしました。

続きは「乳がん体験南さん編⑩抗がん剤投与11日後に体に異変が」

LEAVE A REPLY

*

Return Top