Read Article

広告

どんな症状があれば子宮筋腫を疑うべきかを医師(産婦人科)が解説

広告

 

 

前回の記事「子宮筋腫とは何か?原因は合成シャンプーなのか?を医師(産婦人科)が解説」では子宮筋腫は合成シャンプーが影響しているかを産婦人科医に書いていただきました。
今回は「どんな症状があれば子宮筋腫を疑うべきか」について書いていただきました。

…………..産婦人科医の記事はここから

どんな症状があれば子宮筋腫を疑うべきかをリストアップしてみましたので、当てはまるかどうかご自身でチェックしてみてください。

1. 生理痛がひどい
生理痛がひどい、と判断するポイントは、まず薬を飲まないといけないかどうかです。
生理の度に痛み止めの薬を飲まなければ、日常生活が送れない方は生理痛がひどいといえるでしょう。
また、下腹や腰の痛みだけでなく、下痢や嘔吐もある、といった場合も生理痛はひどいと判断します。

2.生理の量が多い、日数が長い
生理の量を人と比べることがないので、量が多いかと言われるとわからないかもしれませんが、まず、「昼でも夜用をつけていないとダメ」という方は量が多いと思ってください。
また、レバーのような塊が出てくるのも出血量が多い証拠です。
普通の量の生理では、塊は出ません。
他にも、子宮筋腫によってうまく子宮が収縮できないと、生理がだらだらと続くことがあります。

健康診断で、貧血という結果をしばしばもらう、という方も、生理の量が多い可能性があります。
生理で出血すると、鉄分が失われます。
出血量が多ければ多いほど、失われる鉄分が多いので、貧血になっていくのです。
ゆっくり進行する貧血はあまり症状が出ないため、気づかれにくいのですが、ヘモグロビンという貧血を確認する値が、正常値の半分しかない人もいますよ!

3. こどもが欲しいのになかなか妊娠しない
結婚していて普通に性交渉があり、なおかつ避妊していないのに、1年以上妊娠しない場合は子宮筋腫をはじめとする、何らかの原因がある可能性があります。

4. 寝ころぶとお腹がゴリゴリする
子宮筋腫ができて、子宮が男性の握りこぶしくらいの大きさになると、自分で触れることがあります。
特に痩せている方は、仰向けに寝転んで下腹をさわってみるとゴリゴリとしたものが触れます。
なお、普通、正常な大きさの子宮は触れることは出来ません。

5.便秘がちである、尿が出づらいことがある
トイレに行きたいと思うのに便や尿が出ない、という場合は大きな子宮筋腫がある可能性があります。
便や尿の通り道を、子宮筋腫が塞いでいるのです。

LEAVE A REPLY

*

Return Top