Read Article

広告

セラミック矯正で抜歯ってダメでしょう

広告

セラミック矯正をしているユーチューブ動画を見ていたのですが、本当に驚きました。

なんと出っ歯を治すために前歯2本を抜歯して、セラミックでブリッジを作っていました(まだ仮歯の状態ですので、正確にはセラミックではないのですが)。

2016-04-11_180923

抜歯後、セラミックでブリッジした状態↓↓

2016-04-11_181049

この施術をしている病院はもちろん最悪ですが、この動画に出ている18才の女性は本当に考えが浅はかです。
絶対将来後悔することは間違いないです。
そもそも、セラミック矯正って「その日のうち歯を一回り小さく削って、歯の型を取る」わけですが、これが間違っているのです。
もちろん、歯茎の状態が良ければいいのですが、歯周病や歯周炎の患者にも、その日に型を取るってあり得ないですからね。
歯周病や歯周炎が治ってからでないと型を取ってはいけないのは常識ですが、美容外科や保険医療の歯科医院はそんなことはお構いなし。
私が通っている歯科医院は全て自費治療ですが、歯茎の状態が悪いと治療をしてくれません。
その場合、歯科衛生士が歯磨きの指導を行ってくれて、歯茎の炎症が収まってから治療を始めます。
これが本当の歯医者であることを覚えておいてくださいね。

もう一度言いますがセラミック矯正、クイック矯正は後悔するから止めた方がいいですよ。

LEAVE A REPLY

*

Return Top