Read Article

広告

レーシック手術をすると老眼が進行する

広告

慶應義塾大学医学部眼科学教室の調査によると「45才以上でマイナス6D以上の強度近視の人」がレーシック手術をすると老眼の進行が早くなることが分かりました。
老眼の数値が2段階(0.5D)上がってしまう人の割合が
45才~49才で70%
50才~54才で62.5%
55才~59才で14.3%
45歳以上と言えば通常でも老眼になる年齢ですが、レーシックを行なった後はさらに2段階も老眼が進行することになります。
それもこの数値は手術をして何年か経ったデータではありません。
たった手術後3ヶ月のデータです。
 
五本木クリニックの院長桑満おさむさんもレーシック手術をしてから老眼になったとブログに書いていましたが、45才を超えたらレーシックはやめたほうがいいです(桑満おさむさんの担当医はメガネをかけていたそうですが、彼らは自分の目にはレーシックをやりません(笑))。
 
40代だけではなく、20代、30代でレーシック手術をした人も一般の人より早く老眼になるのではないか。
年齢に関わらず、レーシックはやらないことをお勧めします。

LEAVE A REPLY

*

Return Top