広告

子宮頸癌ワクチンの副作用で多い皮膚疾患とは

子宮頸癌ワクチンの副作用で多い皮膚疾患とは

子宮頸癌ワクチンの副作用で皆さんが知っているのは記憶障害、不随意運動が多いですが、その他にも皮膚疾患があります。 一番多いのが発赤ですが、その他にも蕁麻疹(じんましん)があります(蕁麻疹はサーバリックスの臨床試験で2.6%の人に発症)。 これら蕁麻疹は大抵は直ぐに消える「急性の蕁麻疹」ですが、中には「蕁麻疹様血管炎」と...

日本小児科学会の小児科医は子供を守らない人たちであることが暴露された

日本小児科学会の小児科医は子供を守らない人たちであることが暴露された

    「栗東よしおか小児科」の医院長である吉岡誠一郎さんが日本小児科学会学術集会の様子をブログで伝えてくれています(吉岡誠一郎さんは子宮頸癌ワクチンに対しては慎重派で、副作用の原因が心因性のものだと納得していません)。 この集会は2016年5月13日から15日まで「輝く未来へ、子どもたちの懸け橋に...

子宮頸癌ワクチンの副作用の映像は何回見ても悲惨すぎる

子宮頸癌ワクチンの副作用の映像は何回見ても悲惨すぎる

文章で子宮頸癌ワクチンの副作用について訴えても「へー、こんな人もいるんだね」で済んでしまいますが、副作用の映像を見れば誰でも恐怖を感じるはず(この記事の最後に動画があります)。 特に未成年の女性は。 副作用は不随意運動、記憶障害、歩行困難、極度の疲労、頭痛など挙げたらキリがないですが、病気を予防するためにワクチンを接種...

やはり、産婦人科医の娘も子宮頸癌ワクチンを接種していない

やはり、産婦人科医の娘も子宮頸癌ワクチンを接種していない

大阪大学医学部産科学婦人科学教室が大阪大学医学部の関連病院の医師575人(退職した医師も含む)に「自分の娘に子宮頸癌ワクチンを接種させたか」を調べるための調査票を送ったところ、約半数から回答がありました(その医師の9割は子宮頸癌の治療に何かしらの形で関わっています)。 この結果を聞いて私は久しぶりに驚きました(笑) な...

群馬県の子宮頸癌ワクチンの副反応報告がヤバいね

群馬県の子宮頸癌ワクチンの副反応報告がヤバいね

2010年12月から2013年年6月まで群馬県内で接種した47684人の中で30人の女性(12才から20才)が副作用を訴えています。 その中で症状が重い人(重篤)が16人、重くない人が11人、不明が3人です。 47684人の中で30人が副作用を訴えているということは1589人に1人です。 重篤の人に限れば2980人に1...

子宮頸癌ワクチンの副作用で姉妹2人が認知症

子宮頸癌ワクチンの副作用で姉妹2人が認知症

    青山ひかりさんのブログ「心と体を整えるインナービューティー♡自分を一番の味方にする方法」を読んでいて驚いたのですが、子宮頸癌ワクチンを接種した彼女の同級生の姉妹2人が揃って認知症のような症状を発症しているという。 しかも、歩けなくなってしまって、現在は寝たきりだそうです。 16才か17才の時...

子宮頸癌ワクチンの副作用を治した先生は詐欺師なのか?

子宮頸癌ワクチンの副作用を治した先生は詐欺師なのか?

  子宮頸癌ワクチンの酷い副作用を治す先生がいることはこのサイトで何度も記事にしました(「子宮頸癌ワクチンの重度の副作用を23人治した人がいる」)。 その先生の名前は林先生と望月先生です。 これら先生方はカイロプラクティックの手法でワクチンの副作用を治しているのですが、具体的にどうやって治しているのかは公開し...

子宮頸癌ワクチンの重度の副作用を28人治した人がいる

子宮頸癌ワクチンの重度の副作用を28人治した人がいる

    「子宮頸癌ワクチンの重度の副作用を23人治した人がいる」を書いたのが3月26日ですが、さらに子宮頸癌ワクチンの副作用から回復した人が増えています(林先生と望月先生(下の写真)の施術により)。 まだ、前回の報告から2週間も経っていないですが、5人増えて28人が完治! ペースが速すぎて記事が追い...

子宮頸癌ワクチンで被害を被った日本の女子高生が裁判に打って出る

子宮頸癌ワクチンで被害を被った日本の女子高生が裁判に打って出る

子宮頸癌ワクチンで被害を受けた12人の女性たちが記者会見をして、国や製薬会社を相手取って裁判をすることを表明しました。 その中の1人である17才の谷口結衣さんは副作用による光過敏のせいでサングラスが手放せないし、杖がないと歩くことが出来ません。 谷口さんに関しては「子宮頸癌ワクチンに対する日本婦人科学会への疑問」でも取...

ニュージーランドの12才の少女が子宮頸癌ワクチンの副作用のせいで泣き叫んでいる

ニュージーランドの12才の少女が子宮頸癌ワクチンの副作用のせいで泣き叫んでいる

100万回再生されているユーチューブの動画があるのですが、ここにはニュージーランドの12才の少女の痛々しい映像が収められています(最後に動画はあります)。 それは体が痛すぎて泣き叫んでいる映像です。 子宮頸癌ワクチンを接種したせいで、大きなナイフが刺さっているかのような痛みがあるそうです。 なぜ、彼女の母親はこの動画を...

Return Top